ぐでぺんLIFE

旅の思い出とアラサーの日常の備忘録。歯列矯正2014.1終了。PC夏、PSウェーブ。

台湾九份旅行記 一人だったからよかった宿 陽光味宿 SunnyRoomと行き方帰り方

台湾に行ったのが2018年11月だったので、だいぶ時間が経ってしまっています。

海外の宿でここまで驚いたのは初めてだったので記録として残しておきます。

 

初めての台湾ひとり旅。

一度行ってみたかった仇分に行ってきました。

あいにくの雨でしたが、しっとりと風情があり、それもまた良かったです。

 

 

瑞芳駅から九份

f:id:gudepen:20190908154415j:plain

台北駅から台湾鉄道で瑞芳駅へ。

花蓮行きの電車に揺られること約1時間。乗り換えなしで到着です。

バスに乗り換えて九份へ向かいます。

バスに大きな荷物は持ち込めないので、大きな荷物があればタクシーを使います。

瑞芳駅前から九份までは定額205元です。

f:id:gudepen:20190908172538j:plain

 

f:id:gudepen:20190908172749j:plain

 

ちなみに駅の目の前にあるのはバスの降車場。ここからは乗れません。

バス乗り場は少し離れたところにありますので歩きます。

この看板はから左にまっすぐ進みます。

 

f:id:gudepen:20190908174254j:plain

この道をまっすぐいきます

店先に屋根があるところを通れますので、雨でもなんとかなりますが、

雨がよく降る九份に行くので折り畳み傘は必須です。

バス停までにドラッグストアやセブンイレブンがあるので、

必要なものはそこで調達しておくと良いかと思います。

 

f:id:gudepen:20190908195320j:plain

九份行きのバス停

バス停の前は公園になっていて、緑が多いです。

待ち時間があると思うので、この時に虫に刺されないように注意。

虫除けあったらよかったと思います。

一応座るところはありますが、ご覧の通り混んでいます。

 

f:id:gudepen:20190908201850j:plain

一番下に何て書いてあったのかは未だに不明

九份に行くので、827、856、965、788、1062のどれかに乗ります。

この中で一番早くきたのに乗ります。

私が乗ったのは788系統でした。

f:id:gudepen:20190908202227j:plain

バスの運転は荒い

霧が立ち込めていたのですが、ふと外を見るとお寺。

日本とは違う、中華圏らしい建物。非日常感が高まります。

 

バス停から陽光味宿 SunnyRoomへ

f:id:gudepen:20190812233124j:plain

九份派出所前でバスを降りました。

バスを降りるとすぐ見えるこの門をくぐり、階段を下って行きます。

さすが坂の街、仇分。

坂を5分ほど下りますが、ほぼ階段なのでスーツケース転がして…は難しいです。

ほとんど手で持つことになるかと思います。

f:id:gudepen:20190812231909j:plain

こちらの入口から入ります。

ナンバーキーはかかっていませんでした

f:id:gudepen:20190812233233j:plain

中はこんな風。右側は客室です。突き当りの部屋でチェックイン、アウトをします。

朝食もこちらのダイニングでいただきます。

 

オーナーご夫妻は、日本語少しだけとのこと。

チェックイン、支払い、チェックアウトは

筆談とグーグル翻訳でなんとかなりました。

 

ここで奥さまから、

「スタンダードルームで予約だけど、アップグレードしたよ!」とのこと。

嬉しい!謝謝!

 

さっそくお部屋へ向かいます

f:id:gudepen:20190812233309j:plain

か、かわいい!

高い天井にシャンデリア、広い窓にあふれる開放感。

すっきりしたインテリアと白くて清潔感のある家具。素敵!!

ソファにくまのぬいぐるみがあって、女子のお部屋大好きな雰囲気。

f:id:gudepen:20190812233626j:plain

ベランダにチェアもあって、ここから海をみるのも気持ちよかったです。

天気が晴れたらもっと気持ちよかったろうなー。

 

f:id:gudepen:20190812233334j:plain

ベッドも大きくて広い。日本のベッドよりも大きい。クイーンサイズぐらいかな。

ベッド横の機械はなんなのかよくわからず。結局使いませんでした。

ベッドの横にはコンセントが1つ。 

f:id:gudepen:20190812233606j:plain

家電と家具。ボトルのミネラルウォーターとお茶、コーヒーもありました。

日月潭紅茶とブラウンコーヒー。台湾の定番なんでしょうか。台北の宿にも同じのがありました。

白い壁に少ない家具と家電。ここに住みたいぐらい好みの雰囲気。

 

お部屋はかわいいけど…

しかしかわいい部屋とは裏腹に、驚いたのがこちら。

f:id:gudepen:20190812233438j:plain

 

 

f:id:gudepen:20190812233506j:plain

 

f:id:gudepen:20190812233541j:plain

 

理解していただけますでしょうか?この状況。

ベッドの隣がお風呂。湯船。その奥はトイレとシャワーだけど、上があっぱっぱーだし、扉も無い。

お風呂やシャワーの湯気がもくもく立ち込める天井。

トイレも同様です…。

いや、今回ひとり旅だからいいけど、誰かと来て、おなか痛くなったら別の意味で死んじゃう。

トイレ台湾らしく紙を流さないタイプ。

扉のないトイレ、あっぱっぱーの天井、紙は流さないタイプ…。

そうとう仲良くないと一緒に泊まれなくない?

仲良くても気を使うし恥ずかしいしで良くも悪くも記憶に残りそう。

ひとり旅でよかった…と心底思った宿はここが初めてでした。

こういう驚きが海外旅行の醍醐味ですよね、きっと。

湯船に入りながらテレビが見られるから楽しかったです。

日本ではもう見ないグリーンジャイアントのコーン缶のCMを久しぶりに見ましたし、下町ロケットも日本から一週遅れで放送されてて驚きました。

 

九份散策

f:id:gudepen:20190908015219j:plain

6時半過ぎの豎崎路 混んでます


お部屋で少しゆっくりした後、仇分老街を散策します。

赤い提灯が、やはり日本とは違う情緒を醸し出しています。

上の写真は6時半すぎに豎崎路で撮ったものですが、

狭い階段に人がぎゅうぎゅうで、自撮りをする余裕は全く無いです。

幅員も狭いし、階段は急だし、周りのペースに合わせて登るので精一杯。

 

歩いているうちに雨が降ってきました。

一応それぞれのお店に屋根はありますがアーケードにはなっていないので、

間から雨粒がボタボタボタッっと落ちてきます。

折りたたみ傘必須です。

 

宿に夕食はついていないので、仇分の街でいただきます。

あまりおなかは空いていなかったので、気になったものを軽めにいただく感じです。

 

f:id:gudepen:20190907222520j:plain

阿牧包子の肉包30元

ちょうど雨が降り出して肌寒い中で、暖かい肉包をほおばると肉汁がだばだばと出てきて幸せ。

1個で小腹がふくれるボリューム感(少食)。阿柑姨芋圓の隣にあります。

あっさりめの豚餡とふかふかでしっとりした皮が美味しいです。好き。

 

 

 

f:id:gudepen:20190908020724j:plain

 

ぶらりと街歩きをして、ちょっと離れたところから街を眺めたり、

 

f:id:gudepen:20190908020209j:plain

小籠包

小籠包を食べてお腹を満たしたりして楽しかったです。

 

f:id:gudepen:20190908020635j:plain

九份のごみ収集車 エリーゼのためにが流れる

20時すぎるとぽつぽつと閉店するお店が出始めます。

九份の夜は意外に早いです。

どこからともなく、聞き覚えのあるメロディーが流れてきます。

エリーゼのために。結構テンポが早いです。

そこそこのスピードで迫り来る黄色い車。基山街の細い道なんですが。

え!?ここ車通れるの!?

 

???としていると、お店の人たちがゴミ袋や段ボールを店先に持って来て、

黄色い車の後部にゴミや段ボールを突っ込んでいきます。

一応後ろに人は付いてますが、基本ゴミ袋は自分で突っ込んでいくスタイルのようです。

ごみ回収はこうやって行われているんですね。

九份での生活の一部が垣間見れて面白かったです。

 

f:id:gudepen:20190908022320j:plain

海悅樓觀景茶坊

最後に九份でしたかったのが台湾茶

海悅樓觀景茶坊は撮影スポットとしては有名なんですが、

始めに寄った時は待ち時間が長かったので諦めました。

予約客が優先ですごく並んでいました。

 

20時すぎた帰りに寄ったらすぐに入れて、

しかも入口すぐのテラス席が空いたのでそこに案内してくれることに。

台湾茶をいただきながら、九份らしい景色をながめつつ、

ぼーっと素敵な時間を過ごせました。

 

f:id:gudepen:20190907225431j:plain

9時過ぎの豎崎路 だいぶ空いています

そして9時過ぎの豎崎路の様子。6時半の時は人人人だったのが、だいぶ空いています。

落ち着いて写真を撮るならこの時間もおすすめです。

バスの時間がなくなるので、九份に泊まるのが前提となります。

九份に泊まるのも雰囲気があって楽しいです。

 

f:id:gudepen:20190908024727j:plain

道端でくつろぐ犬 何匹も見ましたが、どの子も全くもって吠えません

道端の犬を横目に、宿へ帰ります。

階段が急で地面も濡れているので、足元にはくれぐれも気をつけましょう。

本当にもう、すぐに雨降るんですが、それで慌てて転んで怪我したらいかんです。

傘を用意して、滑りにくい靴でゆっくり帰るんがベストです。絶対。

 

朝食

f:id:gudepen:20190908030237j:plain

朝食

朝食付きプランにしていたので、チェックインをしたダイニングでいただきます。

九份は夕方〜夜は活気がありますが、朝は10時過ぎからお店が開き始めるため、

朝食が取れそうなお店はあまりありません。

今回は10時過ぎには九份を出たかったので、朝食付きのプランにしました。

 

身支度を整えて、ダイニングへ。

おはようございますと声をかけると素敵な朝食が用意してもらえます。

ボリューム萌断サンドイッチとナッツトースト、タケノコの煮物、さつまいも、みかん。

炭水化物多めで、全体的に味は薄め。
台湾での朝ごはんって豆漿やお粥はいただく機会があるんですが、
洋食をいただく機会はあまりないので*1、日本との違うもあって面白いですね。
サンドイッチにはさんであるそぼろがサクッとしてて美味しかったです。

f:id:gudepen:20190908143731j:plain

開放感ある景色もごちそうのうち。
美味しくいただきました。ごちそうさまでした。
 
チェックアウトは10時。
お部屋に戻り、忘れ物がないかを確認し、チェックアウト。
なかなかに驚きもありましたが、いいお宿でした。
 

さよなら九份

f:id:gudepen:20190908144219j:plain

九份派出所前バス停

 

f:id:gudepen:20190908144832j:plain
f:id:gudepen:20190908144835j:plain
f:id:gudepen:20190908144839j:plain
九份派出所前バス 行き先案内

帰りは九份派出所前のバス停から出発。

825、827なら瑞芳駅へ、788、965、1062なら瑞芳駅へもそのまま台北市内へも行けます。

826は駅へは行かないので注意が必要です。

でも826に乗ると猫村猴硐に行けるので、

九份で宿泊した翌日に猴硐で猫と戯れて台北へってのはありだと思います。

次はそのルートもいいな。

ちょうどきたバスが827でしたので瑞芳駅に向かいます。

f:id:gudepen:20190908151024j:plain

さよなら、九份

f:id:gudepen:20190908152948j:plain

帰りは瑞芳駅の前にも降車場があるので、駅の目の前で降ろしてもらえます。
駅前は都会感があって、日常に戻ってきた感じがします。
九份は不思議な世界への非日常トリップのようなもので、
時間の流れもいつもと違った感じがしてとても楽しかったです。
この後、台鉄で台北駅へ向かいます。
 

瑞芳駅から台北方面へ

f:id:gudepen:20190908202903j:plain

瑞芳駅時刻表

瑞芳駅の平日の時刻表です。本数は多くありません。

台北に行くには、

  • 八斗子行きには乗らない(枝分かれする方へ行ってしまう)
  • 八堵行きは八堵で台北方面に乗り換え
  • 樹林・鶯歌・苗栗・北湖行きなどは直通

この3つがポイントになります。

今回瑞芳駅で乗ったのが八堵行きで乗り換えが必要でした。

 

行き先など詳しくは台湾鉄道のHPをご覧ください。

www.railway.gov.tw

 

f:id:gudepen:20190908205057j:plain

八堵駅で電車を降りたところ

まず瑞芳駅から八堵駅へ。

八堵駅では、瑞芳や宜蘭方面から来る電車は1月台に入ります。

 

f:id:gudepen:20190908210622j:plain

2・3月台へ

階段を降りて2・3月台へ。

 

f:id:gudepen:20190908210748j:plain

プラットフォームの案内と掲示

2月台は瑞芳や宜蘭方面へ行く電車(1月台の逆行き)のプラットフォーム、

3Aは基隆発の台北方面電車の発着、

3Bは基隆行きが発着します。

ここに電光掲示板があり、北行きと南行きそれぞれ次々々発まで表示されています。

台北方面(ここでは南下)は次は3A月台発なので、3Aへ行って乗ります。

 

f:id:gudepen:20190908211610j:plain

接続のためか、基隆方面から台北方面行きへの電車はすぐにきます。

無事に3A月台から台北方面への電車に乗れました。

 

九份は不思議な世界への非日常トリップのようなもので、
時間の流れもいつもと違った感じがしてとても楽しかったです。
また行きたいですし、今度はもう少しゆっくりしたいと思います。

 

*1:今回の旅行中も洋食の朝ごはんはこれのみ

2019年8月のふりかえり

早いもので今年も2/3が終わってしまいました。

8月は世間はお盆休みとか夏休みですが、弊社はそんなものは無く、キリキリ働きました。このタイミングで有給休暇を取られる方も半分ぐらい。世間がお休みなので来客も少なくてヒマです。むしろお盆休みは出勤して、ずらして有給休暇取ったほうが空いてるので、就職後はそのパターンが多いです。

8月は世間は夏休み!な雰囲気で、電車も空いていて時間がゆったりしていて心地よく過ごせました。

 

最近、自身の知識の無さを身にしみて感じることがありまして。

高校生の時には理系クラスに入ってしまい世界史を勉強していないので、知識として抜けている部分があって、それを補いたい。勉強したいと思っています。

 

 

ブログ

7月に賞をいただいてからというもの、書くのが楽しくなってきています。

通勤の時間にも勢いで書いたり。そろそろ、目が辛くなってきたのでペースは落ちていますがぼちぼち書いていってます。

8月に書いたのは3記事。外見を変えるためにやったことは備忘録も兼ねて。またやる必要ができたときに、どうやったのか忘れていそうですし。やる必要が無いように現状維持はしていきたいです。

gudepenlog.hatenablog.jp

 

北海道旅行記ひとまず完結です。ハプニングもあったけれど、美味しかったし楽しかった。

胃袋が小さいのか、たくさん食べられないのが悩み。もっといろいろ食べたかった…。

その分、北海道産物産展でも散財します。あ、今月は物産展がある…。

gudepenlog.hatenablog.jp

gudepenlog.hatenablog.jp

 

買ったもの

頭皮エス

7月のアマゾンプライムデーで購入したもの。*1配送の都合で今月になりました。

雨の日や台風の時、頭がゴリゴリになって辛い。耳の上は締め付けるようだし、頂点は突っ張って痛い。

頭を揉んでもらうのは極楽至福だけど、ヘッドマッサージにはそう頻繁には行けない。

誰かに頭揉んでほしいっと深夜の勢いでポチリ。

 

これは良い買い物したーっ。 

f:id:gudepen:20190902203402j:plain

頭皮エス

シャンプーで頭を洗う際に頭に当てると、ヘッドの部分が動いてマッサージしてくれるもの。

多分私の頭がこっているんだろうけど、ゴリッゴリッって音がして、

痛気持ちよくて、はわわゎぁ〜天国…!ってなっちゃう。

使い始めてから寝つきが良くなったのと、

目の乾燥がだいぶマシになりました。マッサージした後から涙の出がよくなった気がする。

頭皮だけでなく、ネックマッサージもできるので、

今日は首がしんどいって時も活躍する。髪の毛を巻き込まないで首をマッサージできるのは無かったので、気に入っています。

 

 

マスカラ

デジャビュファイバーウィッグのオレンジの。 

カールキープタイプのものを使ってます。このマスカラ4本目。いつも口のパッキンが外れて蓋のほうについていっちゃって、ブラシに液がべたっとついて買い換え…のパターンがほとんど。

f:id:gudepen:20190812210506j:plain

もうこうなると手に負えない

 

このまま塗るとまつげがひじきどころの騒ぎじゃなくなるので、泣く泣く買い換え。

だいたい毎回これで買い換える。マスカラ自体は落とすのも楽でカールもそこそこキープしてくれて、だいたいどこでも買えるから気に入ってます。

デジャヴュ キープスタイルマスカラS ジェットブラック

デジャヴュ キープスタイルマスカラS ジェットブラック

 

 

ハンズメッセ

f:id:gudepen:20190916000321j:plain

まだ8月ですが来年用の手帳が出ていたので購入。どうせ年末には買いますし、増税前に買えたから。あとはbandeのマスキングテープ。こちらは手帳にシール代わりに貼っていて、今使っているのがなくなりそうなので。いろいろ種類があるんですが、なんだかんだでいつもお花のを選んでしまいます。あとはジェットストリームの青0.38。

 

本当はクナイプの入浴剤が欲しかったんですが、私が行った時には売り切れ。ざくろもローズ&ジャスミンも好きなので買いだめしたかったんです。

いくら欲しくても、物がなければ買えないし、売ってもくれない。欲しいものは初日に行かなきゃ買えないのを身を以て再確認しました。

読んだ本

魔法のメス力

話題の本のコーナーで平置きしてあったので購入。婚活、恋愛本のコーナーに置いてあったけど、男女関係なく人間関係全般に当てはまる。人への甘え方、厚意の受け取り方に対する考えがガラッと変わった。そして私は受け取り下手だったんだなと反省。

 

西洋絵画の見かた

美術館や展覧会にいくようになったはいいものの、表面だけをなぞっているだけと知識不足を痛感。そのため2月ぐらいからこちらの本で勉強していました。

半年かかってようやく一通り終えました。長かった。

漫画でわかるとありますが、漫画というよりもイラスト。画家の人間関係やパトロンとの関係、当時の制作費は今ではどれぐらいの価値なのか?などのコラムも興味深いものが多く、楽しんで読めました。

マンガでわかる「西洋絵画」の見かた: 美術展がもっと愉しくなる!

マンガでわかる「西洋絵画」の見かた: 美術展がもっと愉しくなる!

 

 

一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書

高校時代は理系クラスだったこともあって、世界史の授業を受けていません。

中学レベルのざっくりとした流れがわかるぐらいです。

海外旅行に行ってもバックグラウンドで知識があるのとないのでは、楽しさの奥行きが変わります。

私は世界史の知識がないとは感じていたので、西洋絵画の勉強が一区切りついたので次は世界史を勉強するために購入。少しずつ進めています。

 

 

映画

ブルースブラザーズ

午前10時の映画祭で鑑賞。

今となってはもう撮れない映画。

謎の女性、レイア姫だったんですね…。彼らを執拗に追いかけていた理由も後半にわかりますが、全くもって笑えなかった。暴走シーンとか破壊とか、音楽も今になってもよく耳にするものばかりですし、

好きな人は大好きなんだろうなーって映画。

私には合わなかったので、鑑賞記録にとどめておきます。

 

ガールズアンドパンツアー最終章第2話

公開は6月だったんですが、やっと見に行けました。

BC戦後半と2回戦の途中までという構成。カメラワークがぐるぐる、迫力があります。

マリー様が食べてるケーキがどれも美味しそう。モンブランも大きい!

音響の良い映画館で見たので、音の迫力がすごかった…!第3話公開までどれぐらいかかるのでしょう、気長に気長に待ちます。

ごはん

赤福茶屋 赤福

 

f:id:gudepen:20190828000619j:plain

 

仕事帰りに甘くてさっぱりとしたものが食べたくなって、名古屋駅へ。

本当はささやなぎへ行きたかったのですが、年々営業日数が少なくなり、今年はいつの間にか終わってました。残念。

そんなわけでデパ地下にある赤福茶屋へ。伊勢まで行かなくても気軽に食べられるのがうれしい。

甘さのある抹茶の良い香りが素敵。食べ進めると中からこしあんとお餅が出てきます。

抹茶のかき氷だけじゃないのがうれしい。ごちそうさまでした。

 

梅園 豆かん

f:id:gudepen:20190901020431j:plain

寒天系のお菓子が好きなのですが、見たら必ず買うのが豆かん

あんみつもみつ豆も好きだけど、一番は豆かん。あっさりとした寒天のしっかりとした歯ごたえが好き。黒蜜のこっくり甘い感じも良い。

1回で食べきるのは勿体無いので、だいたい2回に分けて食べます。

こうして写真を撮ると、見た目がタピオカっぽい…。

見返していて、私いつタピオカ買ったっけ?ってなりました。


9月

例年の繁忙期は4月と10月だけれど、今年は増税の関係で9月ごろから忙しくなりそうです。

そんな中でも

  • 世界史の勉強進めたい
  • 下書きに入れてる記事もアップしたい
  • 北海道産物産展で美味しいもの食べたい

この3つはやりたいと思っています。

10月に香港旅行の予定だったのですが、昨今の情勢により延期になってしまったので、その分の時間で進めていけたらなと思っています。

*1:ブログコンテスト賞品のアマゾンギフト券は使っていない

2019.6 札幌・小樽旅行記4 北海道で購入したお土産 会社用ばらまき土産も

北海道から無事に帰ってきたので、買ったものを整理していきます。普段、物をあまり買わないのですが、美味しいものは別。そして北海道は美味しいものがいっぱいでタガが外れました。一部、現地で食べたものもあります。

 

六花亭

f:id:gudepen:20190812001315j:plain

これで2,000円ほど。六花の森はお花の形のチョコレートが12個入って400円弱という、完璧を味・見た目・値段を完璧に揃えた品。ちょっとした手土産にちょうどいいので物産展でもよく買っています。夏見舞はゆずの寒天ゼリー休んだ間に仕事を引き受けてくれた同僚に。初めて食べたけれど、さっぱりしつつボリュームがあってよかった。ブランデーの香りがするのも好き。缶がかわいくて六花のつゆも買った。これは自分用。外側の砂糖がシャリっとした後に、広がる洋酒。紅茶のおともに。今回のあたりは左側のほうじたて。加賀棒茶のほうじ茶です。香ばしさが広がって幸せになれます。賞味期限が短いのだけがネック。会社で飲むから多分飲みきれる。右側の袋はポテトチップス。初めて見ました。パッケージがかわいい。ジャンクなポテトチップスとは一線を画する雰囲気。物産展にも出ないし、空港でも売っていない、直営店の限定販売。塩少なめな、じゃがいも素材の味を生かしてます!という感じです。物産展であんまり売ってないものばかり買ってしまいました。 

f:id:gudepen:20190812131940j:plain

ギザギザチップスの食感が好き

 

美瑛選果 びえいのコーンパン

f:id:gudepen:20190812142803j:plain

これを買うために40分並びました。中のコーンの歯ごたえがシャキシャキ。焼きたてのふわふわの時はほんのりとした甘さもありました。

冷めたら温め直してから食べた方がいいと思う。


メロンゼリー

f:id:gudepen:20190730232401j:plain

夕張メロンこんにゃくゼリーはJRのキオスク、個別のはセイコーマート

夏の北海道といえばメロン!暑い時期だしお土産にチョコレートは溶けるので避けたいところ。美味しくて手頃で個包装で配りやすいのないかな〜と探していたところ発見。

 

JR札幌駅の四季彩館で発見した北海道夕張メロンこんにゃくゼリー。1袋10個入り324円。大袋を開けただけでメロンの甘〜いよい香りが漂います。夏場のバラマキ土産にはぴったりだと思います。ホリのメロンゼリーより値段も手頃だし。会社でばらまいたのですが、評判もよかったです。暑い時期だしね。

 

もう一つの個別のはセイコーマートの北海道メロンゼリー。1個118円でした。(多分セールでちょっと安くなっています)このゼリー、ボリューム感がすごいの。コンビニで200円で売っていそうな量で甘いメロンなのにこの値段。さすが北海道が誇るコンビニ、セイコーマート。ゼリー自体もさっぱりあっさりしていて食べやすいので好き。個人的に大ヒット。最後の1個がもったいなくてなかなか食べられなくて、まだ冷蔵庫にあります。もっと買ってくればよかった…。

 

山わさび塩ラーメンとジンギスカン焼きそば

f:id:gudepen:20190812194918j:plain

山わさびラーメンとジンギスカン焼きそば

こちらも我らがセイコーマートで購入。北海道で食べるものとかお土産に困ったらとりあえずセイコーマートに行っておけばなんかある。北海道のものコーナーとか。ホットシェフの豚丼とか。カツ丼もおいしいらしいので一度食べてみたい。

山わさび塩ラーメンは、お湯を注いで蓋を開けた瞬間、目がやられてムスカになる。催涙ガスってこんな感じかな?食べようとしても咳き込みながら食べることになって大変だった。途中からは慣れてきてむせずに食べられるようになった。味は好き。

ジンギスカン焼きそばはおみやげで差し上げました。甘目のたれで美味しかったとのこと。

 

スナッフルス

チーズケーキならスナッフルスのが一番好きです。ふわっしゅわっとしていて、口に入れるとシュワっと音がするぐらい軽い食感で、いくつでも食べられちゃいます。

今回買ったのはティラミス。コーヒーのスポンジが下に入っていて、香りが良いんです。

物産展では限定数30とかで激戦で買えないことが多々あるのでこの機会に購入。

やっぱり美味しい。

 

北海度にいくと食べすぎるし、買いすぎちゃって賞味期限までに食べられないと嫌なので、今回はこのぐらいにしておきました。おみやげの食品だけで、持っていたスーツケースの半分以上が埋まったよ…。本当は新千歳空港のロイズのショップでくまのチョコとか買いたかったけど、夏だから持ち帰るまでに溶けるんで、泣く泣くあきらめました。今回飛行機が欠航して羽田経由で帰ったので、チョコレート買ってたら本当に液体になってた。危ないあぶない。
 

 

旅行記はこちら

 

gudepenlog.hatenablog.jp

 

 

gudepenlog.hatenablog.jp

 

 

gudepenlog.hatenablog.jp

 

2019.6 札幌・小樽旅行記 3日目 ぶら新千歳空港と飛行機欠航

こちらからの続きです。

gudepenlog.hatenablog.jp

 

 

北海道に来て3日目、最終日です。新千歳空港って美味しいもののテーマパークみたいで、基本的に食べてばかりです。もっと大きい胃袋が欲しいぐらいに、食べて走って初めて遭遇するトラブルもあって、経験値の上がった1日でした。

 

 

焼きとうもろこしが食べたい

と言いつつ、心残りは大通り公園で焼きとうもろこし。空の下で札幌タワー見ながら焼きとうもろこし食べたかった…。………。よし、行くか!

 幸い朝食は頼んでいなかったので、とうもろこしを朝ごはんにしよう。

行かないと後悔しそうなので、行ってみてたべられなかったらまた今度でいいかな。

焼きとうもろこしの屋台のツイッターを見て、営業は確認しました。とうもろこしのぬいぐるみかわいい。 

 

f:id:gudepen:20190806214932j:plain

噂のとうきびワゴン発見!どうしても来たかったんです。おいもも食べたくてせっかくならと、とうきびセット(焼きorゆでとうきびを半分とじゃがバター)を購入。400円也。近くの噴水のところに机と椅子があるので、そちらでいただきました。

 

f:id:gudepen:20190806215240j:plain

 

とうもろこしは残念ながら冷凍物で、しにゃっとしてました。生を焼いたのはシャキッとしていて美味しいと元職場の同僚が教えてくれたので、

また次の機会に。驚いたのはじゃがいも!(とうきびセットだから本当は1個だけど、小さめのお芋だから2個にしてくれた)本州で食べるお芋はもうちょっとぺたっとしているんだけど、これはほくほく。ほくっとしてて、バターとよく合うの。本州のお芋も品種は同じなんだけれど、北海道の気温差がこのほくほく感を生むのだと、荒川弘先生の漫画で読んだ覚えがあります。

百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)

百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)

 

 

どんより空だけれども、雨にも降られずとうもろこしも食べられたので、早いですが新千歳空港に向かいます。

 

新千歳空港はぶらぶら見て回るもうそれだけで楽しい

新千歳空港はお土産やさんも豊富で、美味しいものがかなり揃っているので、見て回るだけでもものすごく楽しい。これを見るために15時の便なのに11時には空港にいます。なにせ新千歳空港はそれだけでテーマパーク。歩くだけで楽しい。

f:id:gudepen:20190806222040j:plain

そんな新千歳空港の中でも一大イベント、お目当はこちら、美瑛選果のコーンパン。並ばないと買えないとうわさのコーンパンです。5個入り1300円。平日の11時40分の回で11時から並びます。

f:id:gudepen:20190806231738j:plain

早めに並んだ甲斐あって5番目で待機。一緒に並んでいた方とおしゃべりしながら、

目の前にある美瑛選果の豆菓子やおかきやとうきびの試食をつまみつつ待ちます。やっぱり、とうきびが人気がありました。前のお姉さんが3つぐらい買ってました。

f:id:gudepen:20190806230540j:plain

そんなわけで無事にコーンパンを購入。シャキシャキとした歯ごたえのぎっしりコーン。砂糖や水を使っていないらしく、ほのかな甘みがあります。焼きたてはやっぱり美味しい。自宅でオーブントースターでカリッと焼いたのもまた違った美味しさです。

 

ラーメンが食べたい

f:id:gudepen:20190806232257j:plain

まだ北海道に来てからラーメンを食べていないことに気が付いてしまった…。というわけで北海道ラーメン道場に。空港のラーメン店が集うコーナー。海老そば一幻はものすごい行列だった…。

 

 

 

f:id:gudepen:20190806232323j:plain

一幻は食べたことあるので、違うの行ってみよう!ということで、札幌なら味噌ラーメンかな!とけやきで味噌ラーメンを注文。コレコレ!この濃い味がたまらなく好き。太めの縮れ麺と濃い味噌味がからんで美味しい。半分ぐらい食べたところで、汗がとまらなくなっちゃったけれどそれもまた楽しい。相席したお姉さんと美味しい美味しいと笑いつつ、かなりのボリュームでお腹いっぱいになりながら完食。ごちそうさまでした。

 

この時点で13時すぎ。あとは自分の好きなものを買います。スナッフルスのティラミスチーズケーキを購入。チーズケーキならスナッフルスが一番好き。ティラミスは物産展だと限定で数に限りがあるから並ばないと買えないんだけど、さすがお膝元北海道。難なく買えました。うれしい。

 

デザートが食べたい 

f:id:gudepen:20190806234433j:plain

ラーメンでいっぱいになったお腹もだいぶこなれてきたので、デザートいきまーす。新千歳空港にはソフトクリーム食べられるところがたくさんあって迷ってしまいますが、胃袋の容量を考えると1つが限界。1つすらも怪しい。だけどここで食べないという選択肢はないのだ!

 

というわけで、よつ葉乳業のホワイトコージーでパフェ。新千歳空港限定の北海道メロンパフェです。さらりと軽いソフトクリームと香りのいいメロンがあっさりめ。バランスよくて最後まで飽きずに食べられます。よつばは北海道物産展には来ないので食べる機会が少なく、ここぞとばかりに。クレープもいいなと思ったんだけどお腹の容量的にもやめておきました。次回は是非とも。

 

搭乗口へ

食べたいものも全部食べたし、買いたいものも買えたので、ミッションクリアーのテンションで保安検査を抜けて搭乗口へ向かいます。

f:id:gudepen:20190811002435j:plain

スターウォーズのC3PO塗装機がいました。音楽がスターウォーズのテーマらしいですね。一度乗ってみたいんですが、名古屋発着だと難しいかなあ…。

 

欠航

そんなことを考えていると、掲示板で私の乗る便のところに欠航の文字。!?どうやら名古屋から札幌にくる便が欠航したらしく、その折り返し便である当便も欠航しますとのこと。係員さんにどうすればいいか聞くと、ANAのカウンターに行ってくださいと。保安検査のところの方に伝えたら、そこから逆走させてくれました。もう一度保安検査を受ければいいそう。ANAのカウンターで振替便を探してもらうと、7時の便まで空きがない。羽田行きに振替え、羽田ー名古屋間はANAの負担で新幹線とご提案をいただきましたので、そちらでお願いしました。飛行機の欠航、初めて遭遇しました。天候理由だと保証とかなくてもっと大変らしい。初めての欠航が機材繰りでよかった…。

 

その後、預け入れしていた荷物を一旦引き取り、再度預け入れ。その際に、グランドスタッフさんから立替費用精算書をいただきました。こちらに必要事項を記入して領収書と一緒に郵送すると、口座にお金を振り込んでくれるそう。

f:id:gudepen:20190811005255j:plain

 

その後羽田行きの振替便で無事離陸しほっと一息。AirDoのたまねぎスープ美味しい。

 

f:id:gudepen:20190811005910j:plain

羽田空港に初めて来ました。飛行機も大きいのが多いし、何よりも数が違う…!さすが東京…!そんなことを思いながらの着陸。羽田空港初めてだからみて回りたかったけど、おなかも空いていないし荷物もあるしこの時点で疲れがどっと出ていたので、さっさと新幹線に乗り換えることに。

 

初めて羽田から品川乗り換えで名古屋に向かいます。いや、初めての羽田、初めての品川駅なんです、ええ。右も左も、どれに乗ったら新幹線に乗れるかもわからない。googleマップがなかったら私はきっと乗り換えられていないでしょう。

 

無事品川に着き、新幹線に乗り換えられました。荷物が多かったので、新幹線はグリーン車に乗らせていただきました。そんな感じで新幹線で名古屋に到着。疲れすぎていて写真をとる余裕はなかった…。翌日、領収書と立替費用精算書を郵送。これは振り込まれるまでが旅行だなと思った次第です。

 

初めて欠航に遭遇して、経験値が上がったなと感じています。目的はだいたいは果たせたけれども食べられなかったものたちには心のこりがあって、北海道は好きなのでまた行きたい、今度は函館あたりがいいな。

 

お土産はこちら 

gudepenlog.hatenablog.jp

 

見た目を変えるためにやったこと

gudepenlog.hatenablog.jp

 

 

歯列矯正をし口元の印象が変わり、これを機に自分に手をかけ外見を変えるための努力をしました。

努力をした。具体的に何をしたのかを書きます。

 

 

はじめに

私自身、変わりたい、きれいになりたいと思って努力をしました。

 

最終的なゴールは、一人の人として扱われること。

一人の社会人女性として丁重に扱われることを目標としていました。

目指すのは上品な雰囲気であり、一緒にいる人に恥をかかせないような、キレイ目の雰囲気。

仕事も頑張ってやっていますし、結果も出していますが、見た目が及ぼす影響が大きいのもわかってきました。

 

街ですれ違いざまに暴言を吐かれたり、混み合う電車でぶつかったりしても露骨に嫌な顔をされないこと。

何をしても良い、いい加減に扱っていいと思われないこと。

  

 

 

いろいろやってみて見た目が変わった結果、

キレイになるのはより快適に生きる手段。

キレイに見せるのは技術。

そう考えるようになりました。

 

 

  

一人暮らしをしながらだったので、経済的な余裕はあまりなかったため、

初期投資に予算10万円、その後はその都度予算を追加していきますが結構にシビアな金銭感覚で進んでいきます。

歯列矯正のように大きくお金をかけたものもあります。)

 

キレイになりたい

キレイになりたいと思った時に、

こうなりたいなと思う人物像を具体的に固めていきました。

途中、いいなと思う人に出会ったら憧れの像をその都度追加、修正していきます。

 

友人や職場の先輩方、あの人のいいなと思う部分を少しずついただいて、自分のこうなりたいイメージを膨らませ、固めていきます。

私がこうなりたいなと思ったのはヨガの先生でした。バレエも教えていてセンスがよくて素敵でこうなりたいと思う女性です。

 

自分を変えていく中で、いろいろ調べていくうちに出会った一つの理想像があります。

それは美人でないとなれない女性の花形職業、客室乗務員。

美貌と知性と品格があり、優雅な美しさ。

@コスメ公認ブログのCREW WORLD

https://www.cosme.net/beautist/article/2104562

客室乗務員(CA)さんによる美容ブログなのですが、

自分の目指す先はここだったのかと、電流が走りました。

こういう風になりたいと理想像が一気に固まり、方向性が具体的になりました。

 

清潔感があって、きれいにお化粧をしていて、髪の毛もまとまってツヤがあって…。

シワがなくて、キレイな服を着ていて…。

立ち居振る舞いも優雅さがあって、…。

 

どこかひとつ飛び抜けているのではなくて、外見だけでなく、立ち居振る舞い、持ち物、対応など、ありとあらゆる点バランスの良い人物像を描きました。

あとは自分をその方向に寄せたり、ギャップを埋めための工程をひたすらくり返していきます。 

 

理想の人はどのようなことをしているか、自分では気がつけなった部分が買いてあったのでとてもよかったです。

内面は変えなくて良い、書いてあることを真似すれば良いと、

割り切っているので行動に移しやすかったです。

フツウの私を120分で品格(オーラ)のある女性にして下さい!

フツウの私を120分で品格(オーラ)のある女性にして下さい!

 

お風呂に入って体を洗い、ムダ毛処理をする

それまでお風呂に入っていなかった訳ではないです。

マイナスの要素を取り除くこところからはじめました。あと学生時代に臭いと言われたのがトラウマになっていたのかも。

ボディソープで洗うのと2週に1回ピーリングをしています。

顔に使う角質オフのものを、体の首裏〜背中にかけてや肘、膝、かかとなどの洗いにくい場所やざらつきやすいところを中心に使っています。

 

明色化粧品 DETクリア ブライト&ピール ピーリングジェリー 180mL

明色化粧品 DETクリア ブライト&ピール ピーリングジェリー 180mL

 

 

 

ムダ毛処理もこのタイミングではじめました。

腕、脇、手、指、脚、肩、顔をやりました。

カミソリはT字ならジレットヴィーナスがきれいに剃れるようで、評判がよかったので。

実際仕上がりの肌触りが滑らかできれいに剃れて好き。今も使っています。

ジレット ヴィーナス スワール 女性用 カミソリ 本体 替刃2個付

ジレット ヴィーナス スワール 女性用 カミソリ 本体 替刃2個付

 

 

 

顔は電気カミソリ(フェリエ)を使っています。

私はフェリエをこのタイミングで買いました。そしてまだ現役で使っています。

 

髪の毛を洗う、ヘアケアをする

それまで髪の毛を洗っていなかった訳ではないです。

ただ、ケアの仕方を知らなかった。

実家にあるドライヤーはくるくるドライヤーだけで、髪の毛を乾かすものではなかったので、

髪の毛を洗ったらドライヤーで乾かすなんて知らなかった…。

今まで自然乾燥だったし、なんなら生乾きでも寝てた。

そういうのはダメだったのもこの時知りました。

 

ドライヤーをビックカメラで3,000円ぐらいのを購入して使っていました。

あとヘアオイルもつけるようになりました。

量の調節が難しくて、はじめの頃は頭洗っていない人になったけど。

 

柳屋 あんず油<小> 30ml

柳屋 あんず油<小> 30ml

 

 

 

着るもの、身につけるものを洗う

キレイな人はヨレヨレでシワだらけの服は着ないし、シミの目立つ服は着ない。

汗臭くもないし、柔軟剤の匂いをプンプンさせたりもしない。

経済的な問題とまだ自分にお金をかけるのに抵抗感があって、

服にお金をかけられなかったので、服を買い足したり一新したりはできまでんした。

身につけるものを清潔に保つことで、ぱっと見たときの印象が良ければいいかなといった感じです。

 

歯磨きを念入りにする 

歯列矯正をしていたので、歯磨きはしていたし口内環境は良い方だったと思う。

息が臭いと指摘されたことがあって、より念入りに口内の手入れをするようになりました。

電動歯ブラシで磨いて、フロス。

あとブレスケア。飲むタイプレモンは効く。

 

ブレスケア レモン 50粒

ブレスケア レモン 50粒

 

 

健康的な食生活とダイエット

息が臭いと指摘されていた頃は、胃の調子が悪かった時期で正直、歯磨きだけではどうにもなりませんでした

根本治療したかったので、消化のいいもので胃をいたわりつつ体調を整えていきました。

また同じ時期に別件で体を壊し、医者に勧められたのが軽い運動。

当時、身長158cm、体重51kg、体脂肪率29%。ほぼ標準体型。

会社の福利厚生で1回1,000円の都度払いができるスポーツジムに通いだしました。

はじめは筋トレのつもりが、バレエエクササイズのクラスに参加。

これが楽しかったんです。体が硬かったし動きもギクシャクしていたけれど、

鏡で自分の動きを見ながら、先生の真似をして柔らかい動きになるように研究。

あと背筋をまっすぐにするように意識もした。本当に猫背治った、意識すごい。

あと先生との出会いも、明るくて素敵な人で今でも目標とする存在の一人です。

 

学生時代、体育の授業が苦手だったけど、あれは運動そのものが嫌ではなくって、「はい、2人組つくってー」や公開処刑などの要素が嫌いだったんだと今になって思う。

 

筋力がなくて上体起こしは5回が限界だったのが

週1回で4回行ったら今までできなかった、腹筋に力を入れるの意味がわかるようになった。

今まで「腹筋に力を入れて!」って言われても腹筋運動ができなかったのは、「力の入れ方がわからなかった」んだなと。

スポーツジムで体を動かすのは楽しかったので、今でもゆるゆる続けています。

 

背筋を伸ばす、あごを引いて姿勢をきれいにする

この辺はバレエエクササイズのクラスに参加して先生から指摘された点。

猫背になって首が前に、お尻が後ろに出ている、その姿勢だと首も腰も痛めやすい。

別件で体を壊していたこともあって、この時から姿勢は意識するようになりました。

背筋をまっすぐ、肩は内から外に回して頂点でストンと落とす、耳の位置は肩の真上で前に出さない。

ジムにあったストレッチポールにも乗っています。

これも良い。胸が開くの意味がわかるようになったし、

あと自分ではまっすぐだと思っていた顔の位置が左に傾いていたのも直すように意識しました。パソコンの画面の位置を変えるのは効果がありました。

2ヶ月ぐらいで猫背と首は改善しました。

気が付いたときに直す…を繰り返していたら、まっすぐにしているのが普通になった。

意識すごい、習慣すごい。

出っ尻はまだ治っていないけど、以前よりは良くなった。

LPN ストレッチポール(R)EX ネイビー 0001
 

 

ただ、背筋がまっすぐにするとノートパソコンが使いにくくなってしまって、

どうしても机に直置きにすると首が前に出てしまいます。

せっかく良くなったのに、パソコンのために猫背に戻るのは嫌だな。

今は台を使ってパソコンごと位置を上げています。

 

 

美容院に行く

働きはじめの頃は経済的に余裕がなくて、美容院にあんまりいけなかったのですが、髪の毛切りたい欲は定期的に来ます。

そんな時はカットモデルに応募していました。

写真は採用されなかったけど…。

1000円ぐらいで切ってもらってました。

それも美容師さんが退職されて終わってしまいました。

 

それ以来決まって通う美容院はなく、ホットペッパーとかで探しては変え…のようなことをしていました。

希望が伝わらないというか、自分の求めている方向と、美容師さんの得意とする方向が違うと言いますか、ピンとこなかったんです。

ある時街を歩いていて、カットモデルをしないかと声をかけて来たのが美容師さんでした。

用事があったのでその時は断ったのですが、割引券をくれたので後日行ってみることに。

いざカットをお願いすると、私の希望に近い髪型にしてくれ、上手かったのでそのままそこに通っています。

「髪の毛を下ろしていてもハネないようにしてください。

 朝ブローはしなくても、あまり手をかけないでそれなりに見える感じでお願いします。」

これがここ5年ぐらいの毎回のカットのオーダーです。

美容院が変わっても、担当さんが変わっても同じオーダーをしています。

 

その次の時に思い切って人生初のカラーをしてみました。

色は6番と7番の間ぐらい。ダークブラウンです。

染めてすぐは「違いがよくわからない…。」でしたが、

少し落ち着いてくると顔まわりや服装ともなじんで印象が柔らかくなりました。

 

今は声をかけてくれた美容師さんもお店を辞められましたが、そのままその美容院でカットとカラーをしてもらっています。

オーダーもそのまま。 

お化粧をはじめる

それまで日焼け止めを塗るだけだったんです。

あのキュッキュッとした粉の感じが苦手なのと面倒くさくて化粧はしない派。

しかもそれで許されていた職場だったのでやる気はない。

 

ちょうどその時期に人事異動をしてベテラン男性ばかりの職場から、新人の入る職場に。

しかも駅から15分歩くところに配属になってしまった。

真夏の炎天下を15分歩く。さすがに日焼け止めは今までよりも塗らなきゃ。

そうすると白く残るので、上からお粉で抑えたい。

そうすると軽く化粧するかと、ゆるく一念発起。

 

新しい職場の後輩はしっかりメイク派で、実際かわいい。

彼女たちに何を使ってるのか教えてもらってました。

エテュセは優秀。

 

就職面接と新人時代以来のお化粧ですが、

当時よりも視力が悪くなっていて、メガネを外したら鏡の中の自分が見えないところからのスタート。

日焼け止め、パウダー、眉、チーク、リップ、ぐらいしかやってなかったです。

それがメガネを外した状態でできる限界でもありました。

 

日焼け止めはアリー 

 パウダーはエテュセBBパウダー 

エテュセ BBミネラルコンパクト LB(ライトベージュ) SPF25・PA++ 7g

エテュセ BBミネラルコンパクト LB(ライトベージュ) SPF25・PA++ 7g

 

眉毛はエテュセ チップオンアイブロウ

 チークはNARS(就職面接の時からのもの) 

リップ オペラ リップティント

 

あとはCAさんつながりでyoutuberのChiakiさんのメイク動画も見て全体の雰囲気を真似しています。

CAメイク動画はすごく役に立ちました。英語動画や旅動画も見ていて楽しいです。

youtu.be

 

音を立てないようにする

扉をバタンと閉めたり、キャビネットを大きな音を立てて閉めたりといったことに気をつけるようになりました。

できるだけ静かに。 

https://www.cosme.net/beautist/article/2049410

確かに隣で扉をバタン!て閉められるとビクッとすることは多い。

物も壊れやすくなるので、良いことはありません。

 

自分が気をつけていると、トイレのドアなどを他の人が扉を大きな音を立てて閉めたりといったことが気になりますが、口には出しません。

こう見られていたんだなと反省しています。

 

 

 

発言に気をつける

人前でしゃべるのが苦手で、失言も多かったんです。

ネガティブ思考が強くて、全てにおいて否定しがちでした。

とりあえずネガティブなことは思っても口に出さないようにしました。

思っても良い、口には出さないを徹底。

 

すると自分が積極的に話さなくても何も変わらず、

求められた時に自分の意見が言えれば十分でした。。

失言するともれなくあの人あの件でああ言った…とマイナスのイメージがつきまとってしまう。

積極的にしゃべらない方が私には気が楽でした。 

 

口角を上げる

元々の唇の作りなのかはわかりませんが、口がへの字に見えて不機嫌そうにみえる。

機嫌は普通なんだけど、そう見えるらしい。

元々の顔がこうだからと言っても、そう見えるものはそう見える。

正直、受け入れるのが辛い事実でした。

でも受け入れるしか、変わる道はないのだとも。

 

口角を上げるのを意識して1週間は顔の筋肉的にも辛かった。

表情を作るのが苦手で、人前で笑えなかった*1ので顔の筋肉がなくて、ほっぺが筋肉痛みたいになって痛かった。

 

生まれつきの口角は

1ヶ月で習慣づいてきて、少なくとも下向きではなくて平行までには持ってこれた。

せめて人といる時は笑うようにしよう、ニコニコするよう努めました。

 

一気にできる変化ではないし、1回やったから劇的に変わるものではないので。

少しずつ習慣化していきました。

主に仕事中に、この分やってる間は口角あげていようみたいな感じで。

その時間を少しずつ増やしていって、今に至る感じです。

いまだに全部の時間はできてないです。無理です。 

 

服を買う

こんまりをしたら着るものがなくなったので、これを機に服装を一新。

見渡しても、着てなくて捨てたのは1着もありませんでした。

今にして思えばよくあんなにヨレヨレの着てたなと思うぐらい。

 

新しく服を買う基準は、私が綺麗に見えるて、魅力的に見えること。

体のラインがきれいに見えて、下品にならないこと。

サイズ感、色、柄、型、生地、洗濯のしやすさ、そして気にいるか。

 

お店によって生地の質も違います。手触りがまず違う。

必ず試着をして、サイズ感、顔映り、着心地、動きやすさ、洗濯のしやすさなどをジャッジ。

特にサイズ感が重要で、ここが決まらないともっさりする…。

これだ!というものがあれば、お金に糸目はつけない勢いででした。

そもそもこれだ!となるものは滅多にないので、

これを逃すとこのレベルのものがいつ出るかわからない。

探す手間と時間が惜しいというのもありますが。

気に入った型は色違いを3色買ったり、同じカットソーを3枚ぐらい買ったり。

いいんです。 10,000円のカットソー3枚でも、これだけドンピシャなものが次いつ10,000円で出てくるかわからない、探す手間と時間が惜しい。

 

避けたいのは高くても生地がいまいちなもの。

数をこなしてわかるようになったんですが、

値段に対して生地がいまいち弱くて安っぽくみえる、

すぐ毛玉になりそうなものは避けました。

いちいちケアするのも面倒ですし。

 

試着して希望に合わないものは、もっとこうだったら、どこが合わないのかを店員さんに伝えていました。

店員さんも売りたいので、こちらの希望に沿うものがあれば紹介してくれますし、

なければ、いろいろ見てからにしますと保留できます。

店員さんを「うまく使える」ようになってから服を買うのが少しずつ楽になりました。ワールド系は生地感が好み、オンワード系はデザインが好みなんですが、なかなかすべてを満たす服は現れない。

とにかくいろいろなお店をまわりました。

 

結局、ユニクロやGUでリブカットソーを、ユニクロとロペピクニックでスカートを買うところで自分のスタイルの方向性が見えました。

 ユニクロやGUで買うのは、商品を全部自分で見つけて、サイズ感なども自分でジャッジしなければいけないので、初めのうちはハードルが高く感じました。

 

私はふわっとしたトップスだと余計に太って見えるので、

トップスは細身のカットソー、ボトムスはロングスカートに今のところ落ち着いています。

この格好で海外旅行も行ってますが、変な接客はされなかったです。

窓ぎわや景色のいい席、きれいな店内を見渡せる席に通されることも増えました。

 

気がついたのは、毎日違う服装をしなくてもいいということ。

印象を変えたい時は色が明るいものにします。

ぱっと見て、それなりに見えることを私は重要視していて、

いつもと同じでもいつもキレイならそれでいい。という結論になりました。

 

バッグ・シューズを買う

バッグ

この時点で使っていた帆布のカバンも薄汚れていて、清潔感とは縁遠かったので、

思い切って鞄を買い換えました。

通勤用も兼ねていたので思い切ってコーチのキャンバスバッグを購入しました。

アウトレットだけど、A4が入って軽くて丈夫でシルバーカラーでツヤ感もあって、

ものすごく好みで、服装とのバランスもよかったんです。

25,000円ぐらいしたのですが買っちゃいました。1万円超える鞄を買ったのは初めて。

最後は本当に使い倒したと言えるぐらいまで気に入って3年ぐらい使いました。

いい買い物したと思っています。

「本当に気に入ったものにはお金をかける」方針が固まってきたのもこの頃でした。

 

シューズ

実家の父親の愛用の靴はヒラキでした。

私も子供の頃はヒラキの靴だったんですが、足に合わなくて痛くなることが多かった。

でも買い替えは禁止。お金がかかるから。

以前は地下街で安売りのパンプスを買っていた時期もあるんですが、

どうしても足に合わない。靴擦れしたり靴自体が重くて疲れやすかったり。

ヒールが安定しなくて歩きにくかったり。

またスニーカーを買ったらつま先がきつくて、最終的には頭痛までしたことも。

 そういった経験から、靴は履き心地最優先。

 デザインはプレーンなものでいいので、つま先が広くて、できればスクエアトゥで、

ヒールも安定していて3〜5cmぐらい。

この条件を第一に探していました。

試着は必須です。試着なくして靴は買ってはいけない

私が行き着いた先はAkakuraで、1足15,000円ほど。

高い!と思ったけど清水から飛び降りる覚悟で買いました。

スクエアトゥで気に入るデザインが出た時には色違いで買っていました。

 

  

ボディケア、スキンケアに気をつかう

ボディケア

日焼け止めを塗って、お風呂で洗って落とすぐらいであまりケアらしいことをしてきませんでした。

しかし環境のせいか、年齢のせいか肌はカサカサ。

ここまでくると、実用重視でケア。お手入れ。

ロクシタンに憧れたけど、いざ買ってみると香りはいいんだけど、

乾燥肌には軽すぎました。香りはいいから割り切るのもありだと思う。

現在に至るまでニベアのボディクリームを愛用中。

ニベア スキンミルク さっぱり 200g

ニベア スキンミルク さっぱり 200g

 

 スキンケア

私、結構な乾燥肌なので、何よりも保湿重視です。

子供のころから唇はパリパリ→舐める→更に乾燥→唇の上の皮膚も舐める→鼻の下の皮膚までパリパリ→エンドレス。

リップクリームなんて目じゃないほどに、冬場は唇まわりが恐ろしいことになっていた。

それまでスキンケアは何を買っていいのか、どうしていいかわからず。

化粧品専門店に行き、ラインで一式揃えて自分に合うものを取捨選択していきました。

そのとき揃えたのはアルビオン

買う時にも経済的な負担を軽くしたかったので、色々調べました。

基本的にはお店の入っている商業施設のキャンペーンに乗っかるのが方針です。

 

gudepenlog.hatenablog.jp

 

化粧品専門店で買ってよかったのは、BAさんに相談ができて使い方も教えてもらえたこと。

あなたには乳液何番で、〜〜〜って選んでくれるので、わからないところから入るのにはよかった。

一式で約2万は正直負担と思ったが、*2BAさんの使い方指導込みなら十分アリ。

自分で調べて選ぶのってしんどい。特に初心者には、わけわからん。

対面販売で買うのがいかに効率がよいかを実感しました。

そして、使ってみて合わないと思ったら変えるを繰り返し、今にいたります。 

 

ドライヤーを買い換える

ドライヤーが壊れたので買い換えました。

私は基本的に物が壊れるかなくなるまで使うタイプ。ホイホイ買えない。

ドライヤーなら絶対に壊れるまで使う、買い換えない。

なのでお金をかけてでも良いものを買うことにしました。

高級ドライヤーが流行っていてたので、ラインナップも豊富。

口コミもよかったパナソニックのナノケアを購入。いまだに現役で使っています。

 

この頃からお給料も安定して、経済的に余裕ができてきました。 

 

下着を買い換える

この辺りから、長く使いそうなものはお金をかけてでも機能のよいものを選ぶが加速します。

 

職場で退職者の送別会があり、集合写真をとったのですが、

その写真が回ってきたときにショックを受けました。

デブがおる…、顔は私なんだが、体がデカイ。

体重だって158cm51kgだし、最近太ったとかではないし、

周りの女子はめっちゃ細いかと言ったらそうではないし…どうして!?

 

写真をじっくり見て気がついたのがひとつ。

胸とお腹の境目が無い。

当時ユニクロのブラジャー。

確かにユニクロのブラジャーは楽。だがホールド感は皆無。

胸がペタッとなってお腹との境目がなく、

上半身のボリュームが大きい印象になっていました。

 

次の休日にすぐさま下着屋へ。

大手2社のワコールとトリンプで採寸、試着。

いくつか身につけてみると、好みの傾向が見えてきます。

私はホールド感と立体感がありスッキリしていて太って見えないことは必須。

欲を言えばワイヤーなしのタイプ。

で探していたところ、ワコールのSUHADAのラインが希望に合致。

自分のサイズを大人買いしました。

www.wacoal.jp

パーソナルカラー診断を受ける

世の中には客観的に似合う色をおおまかに教えてくれるサービスがあるらしい…。

しかしどこに行けばそれを受けられるの???

と思ったら、デパートでやってました。しかも無料。

しかし予約が全く取れない。

夜の0時に2週間後の予約が開始なのに、0時1分には満席になっている状態。

しかも目当てのが何時に設定があるのかが事前にわからない仕様。

希望の時間に目的のコースが出てこなくて、別の時間にしようと思って戻ると、その日の予約は満席。

それか繋がった時には全部満席。なんて日が4日ぐらいありました。

それでも運良く死闘を勝ち抜けて予約がとれ、パーソナルカラー診断を受けてきました。

結果サマータイプ(一部スプリングもいける)。

好きな色と似合う色が大体一致していたのもあって、服や化粧品は買い換える必要がありませんでした。

www.jr-takashimaya.co.jp

 

パーソナルスタイル診断(骨格診断)を受ける

松坂屋のファッションナビで、パーソナルスタイル診断の予約がようやくとれたので受診。

3,240円で、体の要所要所を触ってもらいながらの診断です。

結果はウエーブスタイル。

だいたい好みの服装と合っていたので、買い足す時に注意するぐらいです。

 

ファッションナビ、もう終わっちゃったんですよね。

パーソナルカラー診断や印象診断もやっていて、

予約も取りづらかったから、なくならないと思っていたんですが、

サービス終了のお知らせがきてしまいまいた。

 

眼瞼下垂の手術を受ける

生まれつきの重たい一重まぶたで上のまつ毛が下向きに生えていて*3、目に入る体質です。

かなり痛くて、細い針金で目を突かれている感じ。

高校生の頃、母親に痛いからなんとかしたいと言ったことはあるのですが、

=二重まぶたの整形がしたいと取られたようで、

「整形したいのか!!!そんな金はない!!!色気付くんじゃない!!!」と一蹴された過去があります。

それから逆まつげをなんとかする=整形の印象が強く残ってしまっていました。

その後もアイドルが逆まつげの手術をしてたことがわかると、整形バッシングがあったりなどで、

逆まつげの手術を受けたら叩かれたり非難されたりするんじゃないかと

私は一般人だけど、逆まつげをなんとかすること自体が怖くなってしまっていました。

 

その後、頭痛と肩こりがひどくて行った整体で

「目を開けるのに、おでこの力を使ってるから頭と肩に来るんだよ。眼科行きなよ」といわれ、

えええーーー、おでこのから眉ごと引き上げないと、目って開かないんじゃないの!?と衝撃を受けます。

「は?まぶたで目を開けるんだよ、普通だよ」

整体師さんはキレイな二重のおじさまです。

 

それを期に眼科へ行き、通常で瞳孔の半分も出ていない重度の眼瞼下垂症と診断されました。

手術=整形の認識だった私は、正直とても悩みました。

「この後の人生、整形女として認識されるの?」

「いや、そもそもの不具合で実生活で困っているのに、治さない理由はない。

 その点は歯列矯正と一緒。歯列矯正がOKで眼瞼下垂症の手術がダメなんて無い」

と手術を受けることを決意。

いざ受けたら、秒で終わった。来院から会計まで30分ぐらいでした。

帰りは公共交通機関必須です。できればタクシー。乗り換えすらもう辛いです。

費用は眼科の保険適用で30,000円ほどでした。

 

目を開いて感動しました。

まぶたの力だけで開く!おでこ使わない!こめかみが痛く無い!

目がちくちくしない!針金さされてない!

視界が明るい!*4目を動かすだけで上が見える!*5すごい!

 

こんなに快適なら、整形なんて言わずもっと早くやればよかった。

 

幸い誰も何も言って来なかったので、翌週から普通に仕事をしていました。

気づいている人はいると思うけれど、ふれないでいてくれてありがたかった。

分別のある素敵な人に囲まれたと思っています。

コンタクトレンズにする

重度の眼瞼下垂だったのでコンタクトレンズが入れれませんでした。

コンタクトレンズにしようと思ってトライアルをお願いしたことはありますが、

眼科のお姉さんでも何度やっても入らなくて*6、諦めた経緯があります。

 

眼瞼下垂の手術をしたことで、コンタクトレンズが入れれる目になりました。

やった!

ずっとメガネをかけていたんですが、

長時間かけていると、目の奥にガツンと来る疲れで、気持ち悪くなって吐き気がするほどでした。

眼瞼下垂症の手術の事前の診察で、メガネの度が合っていないと指摘され、

メガネを作り直す必要がでてきました。

それならいっそと、今までできなかったコンタクトレンズに挑戦。

今度はコンタクトレンズ屋さんでも難なくクリア。

コンタクトレンズってこんなにスルッと入るものだったんだ…。

 

メガネのとき以上に色々なものが見えるようになりました。

鏡に映る自分の顔を見たときは衝撃を受けました。

化粧が変!

メガネを外した状態で、さっぱり見えない中化粧せざるを得ないので、

ベースメイクでムラがひどくても、さっぱりわからないのです。

アイメイクなんかはレンズで隠れてしまうのでおざなりだったけど、

これを機に練習を始めました。

化粧をする2

コンタクトレンズにしたことで、化粧の仕上がりを何も無い状態で、初めて見ました。

粉はムラ付き、アイメイクは何もなし、チークの位置は左右高さが違う。

よく見えるようになって、気づいたことはたくさんあります。

これを機に化粧を見直し、ファンデーション、マスカラ、アイシャドウなども使うようにしました。

見える状態で化粧すると、変化がすぐわかる。楽しい。

今までのは何だったんだろうと言うぐらいに楽しい。

 

デパコスも積極的に手を出すようになりました。

アイシャドウなどはなかなか減らず、使う期間が長くなりがちなので、時間と手間をかけて選びました。

使う期間が長いものほど、お金をかけてでも似合って気に入るものを使っています。

使っていて不満があると、小さな不満でも積み重なって大きな不満になり、他のものに目がいってしまう。

だったら高くてもきちんと使い切ったほうが満足度は高いと思うのです。

 

大人としての振る舞いを身に付けたい

外見が変わって行くにつれて、ひしひしと感じたのは大人としての振る舞いができていないこと。

でも具体的に何をしたらいいのか、何から手をつけていいのかわかりませんでした。

まわりの方達は大人なのに自分だけ幼いままな気がして

惨めな思いをした時もありました。

 

今になって思えば、人間関係における経験が足りなかった。

親からは子供ではなくお手伝いさん、のように扱われていたので、

一番はじめの人間関係である親子関係がうまく築けていなかった。

ないがしろにされたことしかありませんでした。

優しくされたという経験値が少なくて、

優しくされたらどう思うかなんてわからなかった。

私も厳しい言葉ばかり口にしていたと思う。

みんな親とはそういう関係だし、そういうことしか言われないと思ってた。

だから人の気持ちを汲み取るなんてできなかったし、

やり方もわからなかった。

 

レディ・レッスンの本を見つけた時に、私に必要なのはコレだ!と思った。

アメリカのドラマのような口調でポジティブ。

今できないことは、できるようになればいい。

できることからやっていけばいい。

と、ポジティブガールの教科書の副題のままにポジティブで受け止めやすくて、

まずこれをやってみようって思える。

何をしていいのかわからない状態から、

やることはわかったので着手するところまでもっていけました。

外見をかえつつ、気になった項目から一つずつ取り入れていきました。

黙々と仕事をしたり、冷蔵庫の中を片付けたり。

すこしずつこなせるようになって自身にもつながりました。

 

こちらは元々アメリカで出版された本なので、日本では該当がなさそうな項もあります。

「タコスをバッグに入れない」とか。その辺りは自分で取捨選択が必要です。

 

女性向けのように見えますが、メンタル・行動の要素が強く、男性にもおすすめです。

レディ・レッスン~ポジティブガールの教科書~

レディ・レッスン~ポジティブガールの教科書~

 

 

ハイヒールは、いらない~レディ・レッスンseason2

ハイヒールは、いらない~レディ・レッスンseason2

 

中身がないのが気になる

外見が変わって行くにつれて、内面的なものも気になるようになりました。

陰でアイツはモノを知らないと噂されてるのを耳にしたとき、とても悔しかった。

それから本をよく読むようにしています。

本屋さんの特設コーナーや目立つ棚、平置き。

新刊も金額を気にせず読むようにしています。

少し古いのは図書館で借りたりもします。

そこから気になったジャンルをもう少し読んでみたり。

旅行もほとんど行ったことがなかったので、あちこち行ってみたり。

やったことがないことも積極的にやってみるようになりました。

 

人からの扱いが変わる

一番変わったのは、全く知らない赤の他人から、悪意を向けられる回数が明らかに減ったこと。

歩いていてぶつかって来たのはそっちなのに舌打ちとか、

すれ違いざまに、「うっわwぶっさww」言われたり。

あとはレストランで他の席空いているのに、なんでそこ?って席に案内されたりとか。

その他いろいろ。

不意打ちでくるし、されるとすごく悲しくなるし自分が惨めになる。

外見が良くない=自分より下=俺のが上=何してもいいって考えなのでしょうか?理解できません。

そういうどこから飛んでくるかわからない悪意の数は激減しました。

悲しい思いをする回数が激減しましたし、不意打ちの悪意から身を守るため、

どこか気を張って構えていたのですが、それをする必要がなくなった。

それだけで段違いに生きていきやすくなりました。

 

また、ご厚意をいただくことも増えました。

人に優しくされた経験があまりなくて、

どぎまぎしてしまうけれどもとても嬉しいです。

舌打ちしないで助けてくれて本当に感謝しております。

 

外見でこんなにも扱いが変わるのかと、驚きと同時に身にしみて感じました。

自分と向き合うのは苦しくて辛い

約3年の試行錯誤の中で、できていない自分を見るのは辛くて苦しかった。

見るのだけでも辛いのに、見つめてできてないところを細かく見つけるのはもっと辛かった。

ジムのスタジオで鏡に映る自分を見ては綺麗な先生と見比べて、劣っている自分の全てに×をつけたかった。

その場から何度も逃げ出したくなりました。

 

「私を邪険に扱うな」と他人に言うのは簡単だけれども、相手がそれを受け入れるかは別の問題。

他人の行動は自分の思い通りにはならない。

変えられるのは自分だけ。

 

何もしないでまた同じ状況に戻るのはもっと嫌だった。

 

今の状況が辛くて嫌で抜け出したくて努力しているのに、ここで投げ出したら元の木阿弥。

いい加減に扱われたり、すれ違えば笑われたりの繰り返し。

劣等感を抱えたままで、ただ時間だけが過ぎて死んでいくのがたまらなく嫌だと思った。

そしてまた同じように状況にうんざりして、変わりたいと思って繰り返す。

その時は今よりも年をとっていて身動きが取りづらくなっているかもしれない。

そして、あの時やめなければと後悔するだろう。と。

 

逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ。

逃げたら何も変わらない、今日を乗り切ればいつか何かが変わる。

はじめのうちは結果につながらなくて、そんなことばかり考えていました。

今では逃げなくてよかったと思っています。

変わっていくのは楽しい 

すこしずつですが外見の変化が現れてきて、それを見るのはとても楽しかったです。

 

時間とお金と手間をかけた分が結果に出やすくて、自分に投資ってこのことなんだ!としっくりきました。

自分への投資はいわゆる勉学系のものだと思っていたので目から鱗

ただある程度までいくと頭打ちになるのもわかりました。

時間と手間に対して結果が出にくくなると楽しくありません。分水嶺を見きわめるのも必要だなと思いました。

 

また身なりを整えておくと、自分が快適に過ごせるのは新しい発見でした。 

 

外見が変わって、一番変わったのは内面だった

外見が変わり、否定されることが減り、自分の努力が実っていく中で、

自尊心や自己肯定感は高くなって行きました。

以前とは比べ物にならないくらい高沸、爆アゲ。

 

否定されない環境になったことで、

いろいろなことに積極的になりました。

 

コンタクトレンズにしたことで運転に必要な視力が満たせたので*7

自動車学校に通って、運転免許も取りました。

10代の子に混じって授業受けるのはちょっと恥ずかしかったりもしたけれど、

年齢が近い指導員さんとの異業種の仕事の話は、それはそれで楽しめましたし。

旅行にも出てみるようになりました。

海外旅行も好きになりました。

 

精神的な面で、とても安定してきて、

おどおどビクビクすることも少なくなりました。

 

目立たないように暗い色の服ばかりで来ていたのが嘘のように、

明るい色を選べるようになりました。

自信がないと明るい色を選べないんです。

けなされないように、目立たないようにするしか身を守る方法がない。

暗い色で目立たないようにしたのに、それをネタにけなされるループ。

悲しすぎます。

 

標準値に追いつくほどには、自分を大切にできるようになりました。

 

そして自分を大事にできるようになるにつれて、他人にも優しくできるようになるになりました。

否定ばかりされていると心の余裕もなくなるし、

「他人を否定する」のが当たり前の環境だと、

自分で自分を否定するのが当たり前になるし、

自分もされているからと自分も他人に厳しくなる。

何もいいことがなかった。

 

以前の私、ただの嫌なヤツだったと思う。

あの頃傷つけてしまった人たち、本当にごめんなさい。

でも、散々人をけなしておいて、いざ自分が言い返されたら 、「ひどいこと言われた」って周りに泣きついたアイツのことだけは許さない。

 

また他人を笑い者にするだけの人たちから、できるだけ離れるようにしていました。

関わってもいいことないですし。

そうしているうちに、いつの間にか本当に関わらなくなりました。

ターゲットを別の人に移したのでしょう。

他人を笑い者にする人たちやいい加減に扱う人たちは

私の人生には必要がないから、もう関わらなくていい。

その分私を大切にしてくれる人を、大切にしたいと思えるようにもなりました。

 

育った家庭環境、服装、眼瞼下垂症などで、

普通の人が当たり前のように立てていたスタートラインに立てなかった。

外見だけで言えば、マイナスからのスタート。

それを自分の力で外見を変え、結果を得たことが自信にもなっています。

今思えば、自信が持てるようになりたかったんだ、やっと人間になれた、

自分の力で掴み取って人生のスタートラインに立てた思いです。

*1:母親に笑い方が変と言われて育った

*2:キャッシュバックキャンペーンを駆使して4,000円ぐらい戻ってきた

*3:逆まつげ

*4:瞳孔が半分以上隠れていたので、入る光量が少なかった

*5:瞳孔の上半分が隠れているため、上下の視界が狭く上の方を見るときは顔ごと動かさなければいけなかった

*6:指で瞼を持ち上げて目を開けても、コンタクトレンズの直径のが大きい

*7:必要な視力出るメガネだと、かけると気持ち悪くなった

2019年7月のふりかえり

今年もあと残すところ5ヶ月となりました。

だんだんと記憶が遠のいていく今日このごろの個人的な記録です。 

 

うれしいお知らせ

7月一番は、りっすんブログコンテストで優秀賞をいただいたこと。

正直に言うと、応募したことすらも忘れていて、賞までいただけると思っていなかったので、

受賞のお知らせメールが来たときにはびっくりして詐欺まで疑う始末。

日々支えてくださる皆様のおかげです。

…感謝!圧倒的感謝…!!

 

いただいたAmazonギフト券は有効に使わせていただきたく思います。

今のところ使い道は決まっていません。

まあ、10年あるのでそのうち何か買うでしょう。

www.e-aidem.com

gudepenlog.hatenablog.jp

  

おでかけ

クリムト展@豊田市美術館

f:id:gudepen:20190807004005j:plain
f:id:gudepen:20190807004008j:plain

 

有給を取ってクリムト展へ。始まって1週間ほどの平日だったけど、思ったよりも混んでました。

クリムトは金彩の華やかな絵のイメージがあるんですが、初期はそうでもなかったんですね。

意外でした。

今話題のあいちトリエンナーレは始まる前で見られませんでした。

 

屋上の渡り廊下と庭園の景色が開放的で気持ちよかったです。

f:id:gudepen:20190807004416j:plain

 

ごはん

NickStock 

f:id:gudepen:20190807004534j:plain

クリムト展に行ったときのランチ。

ハンバーグランチ@950円。

オーソドックスな和風ソースとわさびが夏っぽかった。

たまにすごくお肉を食べたくなるときがあるんだけれど、

ハンバーグって定番で好き。

ポテトも外カリカリで美味しかった。

 

フレイトレシピ

f:id:gudepen:20190807004918j:plain

酵素ドリンクのお店らしい。

美術館の敷地内でかわいい屋台があったので、

フローズンソーダ甘夏を暑かったので思わず購入。

 

酵素シロップのかき氷に炭酸水をそそぎ、

さらに上からかき氷とシロップをのせるという涼しさに涼しさをかけた感じ。

酵素シロップは初めてですが、フレッシュさの残るママレードみたいな感じでした。

さっぱりとした甘さで美味しかったです。

読んだ本

ノーサイドゲーム

池井戸潤さんの最新作、7月から大泉洋さんでドラマ化の書き下ろし。

面白かった。

夢中になれるものがあるっていいな、情熱を注げるものがあるのは羨ましい。

 

ノーサイド・ゲーム

ノーサイド・ゲーム

 

 

そして、バトンは渡された

瀬尾まいこさんの最新作、そして2019年の本屋大賞の受賞作。

登場人物がみんなとても温かくて、主人公がとても羨ましくなってしまいます。

それぞれの親はみんな優しさや温かさがあるんだけれども、主人公との間にきれいな距離感があるのがいい。

お互いを尊重しているんだなって伝わってきます。

こういう人に囲まれたいし、こういう人になりたい。

【2019年本屋大賞 大賞】そして、バトンは渡された

【2019年本屋大賞 大賞】そして、バトンは渡された

 

 

 

夢を見続けておわる人、妥協を余儀なくされる人、「最高の相手」を手に入れる人。

 

仲人Tさんのブログのファンなんです。タイトルが長い。

Tさんが書いたのは全部読んでます。

読んでて元気が出ると同時に、

こうしたら人に好かれやすくなる、

こうしたら嫌われやすくなるって指針になるなと思いました。

恋愛・結婚って人間関係の究極的なところだと思っているので、

この辺のポイントは婚活でなくとも、会社周りの人間関係でも活かせそう。

 

 

82年生まれ、キム・ジヨン

「ああ、あるある…。」が読んでいて止まりませんでした。

訴訟するとか、告発するというと大げさと捉えられる理不尽さ。

そうじゃない、そこじゃないの連発。

自分の能力ではなく、見た目で値踏みされて、

家庭でも社会でも、自分から身を引いて諦めるように仕向けられる。

無言の圧力で自己犠牲を強いるのに圧力をかけた側はそんなことはなかった、

自分達で決めたことだと振る舞う。

 

精神科医のカウンセリングでのキム・ジヨンの独白の形式なんだけれども、

自分では理解があると思っている男性側の合理に、最後には虚しくなった。

 

それでも読んでおいて良かったと思います。 

82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)

82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)

 

 

 

選ばれる女におなりなさい デヴィ夫人の婚活論

 

仲人Tさんがオススメしてたので読んでみました。

最近はイッテQなどのバライティ番組で活躍されているので、

すっかり忘れていますが、大統領夫人で社交界の華。

そうとは思えないほどバライティ番組に馴染んでいます。

 

前半は夫人の回顧録、後半は夫人の婚活論。

随所随所に当時の写真が入るのですが、とてもお綺麗。

ですが美貌だけでなく知識や教養、聡明な女性らしさを身に着けて

自分を高めることに焦点が当てられます。

美しさや若さはやがて衰えてしまうものですが、

知識や教養、女性らしさはあなたから逃げないと。

高価な服を買うのではなく、自分が魅力的に見える服を、

露出の多い服ではなく、体のラインが綺麗に見える服を纏う。

 

あれほどの美貌を私が手に入れることはできないけれど、

夫人が得てきた、人生をよりよく生きるエッセンスは一般人の私にも活かせるものがあると感じました。

 

選ばれる女におなりなさい デヴィ夫人の婚活論

選ばれる女におなりなさい デヴィ夫人の婚活論

 

 

映画

天気の子

とりあえず初回の感想です。

職場で、デートには向かない映画だと盛り上がりました。

 

gudepenlog.hatenablog.jp

 

 

8月は消費税改定の関係でお仕事が忙しくなります。

お盆休み自体がない会社なので、山の日ができたの地味にが嬉しいです。

2019.6 札幌・小樽旅行記 2日目 美しいステンドグラスを見に日帰り小樽

6月にちょっと早い夏休みをとって札幌・小樽を旅行しました。

北海道に来て2日目です。

今日は小樽に向かいます。

今回の旅行の目玉のアクティビティに小樽港クルージングを予約していたのですが、

天候が悪く中止になってしましました。

この日の最高気温13度の予報です。寒いです。

昨日急遽買ったGUのレギンスをスカートの下に履いて防寒しつつ楽しみます。

 

今週のお題「夏休み」

gudepenlog.hatenablog.jp

 

起床、小樽へ向かいます

昨日の疲れのせいか、朝9時半ごろ起床。

予約していたクルージングは中止になったので、予定変更でゆっくりめの出発。

お腹もあまり空いていないので朝食はとらずに、身支度を整えて10時すぎに出発しました。

胃袋の容量が小さく、量を食べられないので、ここで朝食を取るとあとで食べられなくなってしまうんです。

森彦コーヒーの朝ごはん美味しそうだったなあ…。

でも小樽で海鮮やお菓子食べたいしなあ…。

そんなことを考えながら札幌駅へ地下鉄で向かい、札幌駅からJRで小樽に向かいます。

 

でもね、今日の天気、コレ。

f:id:gudepen:20190723222000j:plain

 

どんより、どんより…。

波も荒いし、何より最高気温13度の予報。

この中でクルージングなんて拷問、寒くて凍えてしまう。

うん…、中止でよかった。

小樽散策に時間を割こうと思います。

 

そんなこんなで11時30分ごろ、小樽に到着しました。

f:id:gudepen:20190723222428j:plain

 

駅名標を見ると小樽に来た〜!って気になります。

新しいものだけではなくて、

 

f:id:gudepen:20190723222246j:plain

こちらにはレトロな駅名標も。

小樽名産のガラスのランプも写っていて、

タイムスリップでもしたかのような雰囲気を醸し出しています。

気分はゴールデンカムイ

小樽散策に出発です。

 

小樽三角市場 味処 たけだ で海鮮丼

はい!早速お腹が空いてきました。

うんうん、朝食まだだもんね、せっかくなら美味しいもの食べたいよね。

というわけで小樽駅すぐの三角市場でお昼ご飯です。

 

f:id:gudepen:20190723223706j:plain

 

 

駅すぐで、ロータリーの端にある階段を上がっていくとすぐそこに三角市場があります。

味処たけだはその中にあります。

初めは竜波食堂に行こうと思っていたけど、1時間待ちだと聞いて2軒隣のこちらにしました。

 

f:id:gudepen:20190723230848j:plain

 

お店の前にいるおばちゃんに並びたいことを告げると、人数と名前を聞かれ、番号札とメニューを渡されます。

お店の前は通路になっているので、通路を挟んで反対側の水槽のあるスペースでメニューを決めつつ待ちます。

月曜日の11時40分ごろに並んで、9組待ち。20分ほど待ちました。

 

f:id:gudepen:20190723231332j:plain

丼ものメニュー

f:id:gudepen:20190723231400j:plain

単品・定食


12時ごろに着席、注文をして待ちます。

 

f:id:gudepen:20190727011419j:plain

突き出しをいただきつつ、注文の品がくるのを待ちます。

さきいかイカスミをまぶした珍味。噛むほど甘みが出てきておいしいです。

 

クーポンの提示で、おみやげのイカスミさきいか珍味がもらえました。
 

www.hotpepper.jp

 

f:id:gudepen:20190723232412j:plain

おみやげ珍味

 

私、これ知らなかったんですけど、相席したお向かいのお兄さんがもらっていたんですよね。

お兄さんと話しつつ、お料理がくるのを待っていたら、「もらいました?よかったら自分のスマートフォンのクーポン使ってください」って言ってくださって。

珍味もらえたのよりも、そう言ってくれたのが嬉しかったな。優しいお兄さんでした。

こういうのも素敵な旅の思い出になるんですよね。

 

 

f:id:gudepen:20190727201020j:plain

そうこうしていたら、注文したANA丼が届きました!

うに!いくら!かに!さけ!どーんと乗ってます。

いただきまーす!

 

ヒンナヒンナ!

お味噌汁が美味しい。今日寒いから余計においしい。

ホタテの稚貝のお味噌汁で、貝の出汁がよく出ていて、

温かくてほっとします。

 

海鮮丼を食べ進めると、ご飯が多い!思っていたよりも器が深い…。

普段の一食の3倍ぐらいのご飯があります。

これは朝ごはん抜いてきて正解でした。

おいしい海鮮丼で市場の雰囲気で食べるの楽しかったけど、

楽しく食べられる量ってあるんだなと感じた次第です。

f:id:gudepen:20190727201013j:plain

ANA丼には乗っていないけど食べたくて注文したほたてのお刺身がきました。

ほたて2つ分です。とろりとさっぱりした甘さがあって美味しい。

貝ものが好きなのでうれしい。

ごちそうさまでした。

 

手宮線を歩く

f:id:gudepen:20190727202113j:plain

小樽散策のメイン、小樽芸術村に向かう途中に線路が!

今は廃線となった旧手宮線を歩けるんですね。

 

f:id:gudepen:20190727203853j:plain

ついレールの上に乗って一本橋みたいに歩いちゃう。

開放感があって気持ちよかった。もっと天気がよかったら気持ちいいだろうなー。

沿道にベンチがあって休憩できたり。

この先は公園みたいになってて、遊具もありました。

線路をの上を歩くってなかなかできない体験なので楽しかったです。

 

 

旅の目的 小樽芸術村へ

似鳥美術館

f:id:gudepen:20190727204133j:plain

 

今回の旅の目的のひとつ、小樽芸術村 似鳥美術館へ到着しました。

「お値段以上♪ニトリ♪」のニトリホールディングスが運営する美術館です。

こちらの建物は旧北海道拓殖銀行小樽支店を改装したもので、ホテルだった時期もあるんだそう。

紆余曲折をたどり現在は美術館になっていますが、銀行だった時代の名残が今でも伺える、風格のある建物です。

 

1階と地下1階は、写真撮影ができるところがあります。

 

 

 

f:id:gudepen:20190727212914j:plain

こちらの券売機でチケットを購入します。

料金は以下の通り。

3館共通チケット2,000円を購入しました。

音声ガイドの貸し出しは無料です。受付でチケットを見せればOK。

各館にコインロッカーもあります。

こちらの提示で、ステンドグラス美術館のミュージアムカフェでコーヒーを1杯無料でいただけます。

今回は時間がなくていただけませんでした…。次回こそは行きたい。

f:id:gudepen:20190727213228p:plain

入場料の割引もあって、

道新ぶんぶんクラブ、コープさっぽろ組合員証、小樽芸術村友の会、JAF会員証、大人の休日倶楽部のカードなどの提示で3館共通チケットが1割引になります。

 

f:id:gudepen:20190727222627j:plain

 

ルイスCティファニーのステンドグラス。
やっと見られた。素敵。これを見るために来たんだ…。

達成感でいっぱいです。

ルイス.C.ティファニーは、あの有名な宝石店の創業者の息子さんですが、ガラス工芸の道を選びます。

彼の作品の一番の特徴は素材のガラス板自体に色のグラデーションがあること。

ガラス板を重ねたり波打たせたりして、ガラス自体に色の濃淡ができることで、

ガラス自体への絵付けが少なく、クリアで明るくまるで印象派の絵画のような美しさがあります。

 

このステンドグラスはアメリカの教会にあったものなのですが、

その教会が廃教会になり似鳥美術館に展示されているとのこと。

教会だとステンドグラスは高い位置にあるので、細かいところはこんなにはっきりとは見えないのですが、

似鳥美術館は全体的に低い位置にあるため、見やすいのがうれしいです。

下の方の聖人、獅子、牛、鳥は目の前でじっくり見られます。

 

f:id:gudepen:20190727222442j:plain

こちらのステンドグラスも繊細で素敵。

マリアの純潔を表す百合の花がモチーフとなっています。

 

f:id:gudepen:20190727222436j:plain

アメリカの教会にあったものなので、聖書モチーフのものが多いです。

こちらも聖書の一場面から。

グラデーションのかかった空の柔らかい光と、

流れるような聖人の衣服の表現が美しいです。

絵付けは顔のみで、あとはガラス自体の濃淡で表現されているので、ガラスの継ぎ目以外に暗い部分が少なく、全体的にクリアで明るく柔らかい美しさ。

小樽芸術村にはステンドグラス美術館が別にあるのですが、そちらはヨーロッパの教会などのもの。

ガラスそれぞれの色出しがパキッとしていて、また違った良さがありますが、

私はこちらのティファニーのステンドグラスの方が好み。

ここだけで最初に40分、全体を見終えた後に、コーヒーよりもステンドグラスがもう一度見たい!と再入館して閉館ギリギリまで30分ぐらいかけて堪能しました。

 

 

f:id:gudepen:20190727231058j:plain

地下1階の廊下を展示室に向かっていると目の前に分厚い扉と小部屋が。

こ、これは!!

まさに銀行の名残、金庫室。

 

f:id:gudepen:20190727231124j:plain

中はアール・ヌーヴォー家具の展示室になっています。

雰囲気があって素敵!

こんなに素敵な金庫室なら半日ぐらい閉じ込められても構わない!

 

他にも地下1階はドーム、ガレ、ラリックなどの香水瓶やランプなどのガラス製品が、

2階には棟方志功の版画と高村光雲の木彫が、3階は近代の洋画や彫刻、4階には横山大観、河合玉堂など。上村松園伊東深水も展示されています。

個人的に一押しは、やっぱり1階のルイスCティファニーのステンドグラスですね。

 

三井銀行小樽支店 

f:id:gudepen:20190728001455j:plain

 

続いては旧三井銀行小樽支店。

昔の銀行の施設をそのまま観光スポットにしています。

建物自体を見せる感じですね。

f:id:gudepen:20190728002031j:plain

入るとソファがあるので、そこでしばらく休憩。

当時のままを目指して、床のタイルもここのものを移設して補修、あかりにもこだわっているようです。

こちらの天井でプロジェクションマッピングもあります。

趣があって開放的。

タイムスリップしたみたい。

f:id:gudepen:20190728010336j:plain

こちらは金庫室。

先ほどの似鳥美術館にあった金庫室よりもさらに重厚。

 

f:id:gudepen:20190728010409j:plain

見て!この扉の分厚さよ!

この金庫、アメリカのモスラー社のものなんですが、同型の金庫が広島の帝国銀行にもありまして、原爆投下の際にも金庫の中身は無事だったそう。

そしてモスラー社の金庫は、冷戦時代にシェルターも兼ねるってことでバカ売れ。 

興味深い逸話です。

 

地下一階に向かいます。目指すは貸金庫。

 

f:id:gudepen:20190728010643j:plain

流石に地下に入るとヒヤッとします。

空気感が違うといいますか。

お待ちかねの貸金庫室です。こちらも重厚感があります。

貸金庫もすごいんですが、面白いのはこの造り。

 

f:id:gudepen:20190728010712j:plain

 

f:id:gudepen:20190728010735j:plain

 

回廊の四隅に鏡があるんですが、それぞれの鏡が写り込んでいて、まるで廊下が延々と続いているよう。

鏡を写真に収めると、そこに映るのは自分の後ろ姿。

不思議。そしてすごく興味深いです。

 

f:id:gudepen:20190728225756j:plain

貸金庫前の談話室。

ここで預けるものをやりとりしていたんだそうです。

床のタイルがレトロ、扉の素朴さが当時の面影を残しています。


ステンドグラス美術館

写真がなかったのでgoogleマップより。

奥に見える大きなレンガ造りの建物がステンドグラス美術館。

元々は倉庫として使われていましたが、リノベーションをして美術館になっています。

雰囲気があって良かったです。

もともと教会に飾られるもので、倉庫と教会のフォルムが似ているので、

中もステンドグラスがきれいに納まっています。

 

f:id:gudepen:20190728233258j:plain

こちらが一番の大作、神とイギリスの栄光。

祭壇もあり、厳かな雰囲気をそのままにしています。

下にロザリオがあるのがね、良いんです。

この時代のヨーロッパのステンドグラスは色が原色系でパキッとしているんですよね。

細部はガラスに書き込みをして表現しています。f:id:gudepen:20190728233523j:plain

こちらも書き込みが細かく迫力があります。

音声ガイドが無料で借りられるので、解説を聴きながらじっくり見られます。

吹き抜けが必要な大作は「神とイギリスの栄光」のみですが、

1階、2階とにかく床と天井以外はほとんどステンドグラス。

 しかも床や壁面だけでは足りず中央部に衝立のようにして展示もあります。 

そちらはステンドグラスとの距離がほぼなくて、本当に間近で見られます。

教会のステンドグラスをこんなに近くでじっくり見られるのは珍しいのです。

今回はあまり時間がなくて1時間の予定ですが、全然足りませんでした。

ここだけでもじっくり見ようと思ったら3時間ぐらいかかりそう。

聖書の知識があるとより楽しめると思います。

 

17時閉館なのですが、もう16時25分。

最後にもう一度ティファニーのが見たくて、似鳥美術館へ。

ぎりぎり駆け込みで再入館させてもらいました。

蛍の光もなりだしてしばらく経った閉館ギリギリまでいさせていただきました。

 

小樽の街散策

といいつつ、小樽の観光地の夜は早い!色内通りのお店は大体6時に閉まります。

目的は甘いものと小樽オルゴール堂でディスクオルゴール

ゴールデンカムイの世界にきたような色内通りを東へ進みます。

 

六花亭 

f:id:gudepen:20190730205039j:plain

ここの六花亭は煉瓦造りの倉庫をリノベーションしたもの。

小樽の雰囲気を活かしています。

六花亭直営店なのでバラ売りやアソートもあります。

 

2階がイートインスペースになっていて、軽く甘いものをたべながら休憩ができます。

ちなみにコーヒーは1杯100円ですが、雪こんソフトクリームやシュークリーム、

雪こんチーズを購入すると無料でいただけます。

f:id:gudepen:20190730211621j:plain

雪やこんこ ソフトクリームは320円、シュークリームは100円、雪こんチーズは220円です。(2019年6月)

以前来た時はシュークリーム90円だったので、値上がりしています。

が、美味しいので気にしない。

売り切れ次第その日は終了だそうです。

私が行った時は平日17時20分ごろだったけどシュークリームは売り切れでした。

 

f:id:gudepen:20190730212207j:plain

なので雪こんチーズとコーヒー。

こちらも美味しい。クッキー部分がサクッパリッとしていて、

チーズ部分はフレッシュさとぷるっとした食感があって、好みです。

甘さも控えめでコーヒーとよく合うのが良いです、ほっと休憩。

 

 

小樽オルゴール堂

小樽オルゴール堂は前回小樽にきた時も来ていて、私のお気に入りスポット。

まんまとリピートしていますね。

 

gudepenlog.hatenablog.jp

 

時間が遅いのでディスクオルゴールの演奏は見られませんが、

この時間でも稼働するのが一つだけあります。

それは椅子のタイプのディスクオルゴール

f:id:gudepen:20190730213248j:plain

一般的なディスクオルゴールのしくみとして、箱や裏板がスピーカーの役割をするのですが、

こちらはチェアの上の部分にディスクオルゴールが乗っかっています。

 要するにチェアの横、後ろの木板の部分がスピーカーの役割をします。

天然のサラウンド感。

周りで聞いているのと、中に座って聴くのとでは音の響きがまるっきり違います。

周りで聞いていると高音部が響くのですが、

中に座ると重低音がこれでもか!といわんばかりに響きます。

その差にびっくりするほど。

CD買ってもこの重厚感は出ないので、ぜひ座って体感して欲しいです。

曲目はパッヘルベルのカノン。よく耳にする曲です。

 

5時45分をすぎるとディスクオルゴールのコーナーは閉められてしまい、手前の物販だけになります。

 

スチームクロック

f:id:gudepen:20190730214150j:plain

小樽名物、スチームクロック。

蒸気時計です。15分ごとに音がなって上の部分から煙を吐くんですが、

この日は調整中でした。

ちなみにメロディはウエストミンスターの鐘。学校のチャイムのあれです。

 

このときで17時50分。

18時になると小樽の色内通りのお店はばたばたばたっと閉まります。

少し寂しい通り小樽駅に行きつつ、札幌に戻ります。

 

札幌駅でお土産探し

お土産は預け入れ荷物に入れたい派です。

そろそろチョコレートが溶ける季節なので、チョコレートは避けつつあまり高くないもの…となるとメロンゼリーかな。

とおもって札幌駅の四季彩館*1を見ていると、

JAの夕張メロンこんにゃくゼリー発見。

ホリのにしようと思ってたけど、こちらにしました。

10個入り324円です。職場用なので5袋購入。

www.hkiosk.co.jp

 

あとはセコマでもメロンゼリー。大きくて食べ応えがあって好き。

セコマ好きなんですよね。メロンソフトとか美味しい。

www.seicomart.co.jp

 

f:id:gudepen:20190730232401j:plain

 

そろそろ夕飯を食べておかないと、あとでお腹が空いてしまいそう。

軽く食べたい…。ということでスープにします。激軽。

f:id:gudepen:20190730232537j:plain

北海道スープスタンド。

きのうもパセオのところでソフトクリームをいただきました。

今日は赤レンガテラス店でいただきます。

 

いただいたのはスタンダードに北海道つぶつぶコーンのスープ。

北海道と言ったらとうもろこし。大好き。Lサイズをいただきます。

しっかりとした味で、程よいボリュームがあります。

今日は寒かったので、温かいものが欲しかったんです。

f:id:gudepen:20190730232936j:plain

なみなみのスープのみ。パンもライスもなし。

これぐらい軽くすませられるのもひとり旅での良さ。

食べたいものを食べたいだけ食べられますので。

 

f:id:gudepen:20190730233305j:plain

昨日も見た札幌テレビ塔

お目当はとうきびワゴンでしたが、時間オーバー。

目の前で撤収していきました。

悲しい。

 

札幌に来たら大通公園の空の下で焼きとうもろこし食べるのが夢だったのですよね。

明日再チャレンジです。

 

すこしぼーっとしたあと、疲れもあって早めに宿に帰りました。

明日には帰るので荷物のパッキングもしておきます。

 

3日目はこちら

 

gudepenlog.hatenablog.jp

 

 

 

*1:JRのお土産やさん