ぐでぺんLIFE

歯列矯正、旅の思い出からお買い物のコツまで日常の備忘録

赤福茶屋@松坂屋名古屋店 冬の赤福ぜんざい

伊勢神宮前にある、誰もが知る名物、赤福

やわらかいお餅をこしあんで包んだ、和菓子です。

その赤福の喫茶スペースが、三重県内だけでなく

名古屋のデパートの地下にも出店しています。

 

赤福茶屋と呼ばれるそのお店では、

赤福とお抹茶や、夏はかき氷、冬はぜんざいと、

赤福ならではの甘味をいただけます。

 

買い物の合間にちょっとひと休み、で

松坂屋名古屋店赤福茶屋に行ってきました。

 

 

 

赤福茶屋って?

伊勢名物、赤福の喫茶スペースです。

赤福ならではの和のスイーツがいただけます。

柔らかいおもちをこしあんで包んだ赤福とお抹茶をはじめ、

夏はかき氷、冬はぜんざいと季節限定のメニューを楽しめます。

 

店舗の場所は?

店舗は三重県内の直営店と伊勢神宮前のおかげ横丁内、

名古屋のデパ地下、名古屋駅のタカシマヤと栄の松坂屋の2店のみ。

ジェイアール名古屋タカシマヤ店は名古屋駅直結とあって、

アクセスは抜群です。

 

www.akafuku.co.jp

 

松坂屋名古屋店のデパ地下 ここにあります。

f:id:gudepen:20190220001433p:plain

右下の赤丸のところに赤福茶屋はあります。

地下鉄の連絡通路のすぐ隣です。

f:id:gudepen:20190214005950j:image

外観はこんな感じ。

木組みの雰囲気が落ち着いた和を感じさせます。

並んでいても、待つための椅子があるのもうれしいところ。

 

メニューは少数精鋭。
f:id:gudepen:20190214010010j:image

メニューは

盆(赤福2個)     210円

盆(赤福2個)と抹茶  470円

抹茶           260円

赤福ぜんざい                 520円

赤福ぜんざいと抹茶    520円

 

この5種類のみ。

盆と抹茶は通年、赤福ぜんざいは冬季限定です。

赤福ぜんざいと抹茶のセットは、

赤福ぜんざいのサイズが小さめになります。

 

注文は待っている間に聞きにきてくれますので、

お会計をして番号札を受け取ります。

 

平日の2時半ごろに行きましたところ、

5人待っていまして、時間は10分ほど。

あまり並ばずに入れました。

 


f:id:gudepen:20190214010003j:image

その後、中の席に案内されますので、

番号札を席の上に出しておきます。

店員さんが番号札を目印に、配膳してくれます。

 

「今お餅を焼いていますので、

 もうしばらくお時間いただきますね」や

「お茶のおかわりはいかがですか?」と

店員さんの気配りの行き届いた

なんだかほっと落ち着く空間で、

出来上がりを待ちます。

 

 冬季限定!赤福ぜんざい


f:id:gudepen:20190214010023j:image

今回頼んだのは、赤福ぜんざい 520円。

さっそく、いただきます!

 

お餅は注文が入ってから焼くので、

焼き立てのお餅の香ばしい、

パリッとした食感がたまらない…!

 

2個入っているのでボリュームもありつつ、

多すぎないちょうどいい量。

 

あっさりとした甘さと、ほくっとしたお豆との相性も抜群です。

このとろみで、体が温まります。

 

うれしいのが、一緒に付いてくる

カリカリ梅とこんぶ。

甘さで満たされた口を梅でさっぱりと、

塩気の欲しいところでこんぶを食べると、

ぜんざいの次の一口の甘さが際立ちます。

 

思わず一気に食べてしまいました。

ごちそうさまでした。

 

名古屋市内の赤福茶屋はこちら 

名古屋市内の赤福茶屋は2店舗。

 それぞれの百貨店の地下1階にあります。

 

松坂屋名古屋店

 

 

ジェイアール名古屋タカシマヤ