ぐでぺんLIFE

歯列矯正、旅の思い出からお買い物のコツまで日常の備忘録

三井ガーデンホテル札幌 宿泊記② 朝食は札幌中央卸売場外市場 北のグルメ亭で! 

北海道に旅行した際に、三井ガーデンホテル札幌に宿泊しました。 

gudepenlog.hatenablog.jp

 

ホテルで朝食と思いきや、場外市場でも朝食が食べられるとのこと。

そんなわけで、朝食プランで場外市場 北のグルメ亭に行って来ました。

 

 

北のグルメ亭って?

海鮮食堂 北のグルメ亭は北海道各地から直送の魚介を使った海鮮料理を、お気軽に楽しめます。また、海鮮市場 北のグルメでお求めいただいた食材を、料理人がその場で調理させていただくこともできます。
客席数320席、エレベーター、車椅子用トイレもご用意いたしております。ご家族や団体で、最高に美味しい北海道をご堪能いただけますよう、心より願っております。

海鮮食堂 北のグルメ亭 

公式サイト http://www.kitanogurume.co.jp/shokudo/index.html

海産物問屋さんが営む海鮮がメインの食事処です。

札幌駅や札幌市中央区と北区の一部のホテルでは要予約の無料送迎があります。

市場の立地上駅から離れているので、これはうれしいところ。

さっそく行ってみましょう。

 

無料送迎は要予約です

北のグルメ亭は送迎バスで札幌駅北口と札幌市中央区・北区の一部のホテルから無料の送迎があります。

時間は6時半から1時間に1本。最終は12時半発。

ホテル出発と北のグルメ亭出発の時間を決めて予約を入れます。

 

私は8時30分ホテル発、10時北のグルメ出発で予約しました。

北のグルメもそこまで大きくはないので、食事と買い物で1時間あれば十分でした。

チェックアウトが10時でしたので、ホテル発の時点でチェックアウトをして、

荷物をフロントに預けました。 

 

ホテル宿泊の場合は、フロントから予約を入れてもらうのがいいでしょう。

朝食券を北のグルメ亭で使えるように、スタンプを押してもらいます。 

もちろん個人でも1人から利用できます。

公式HP記載の電話番号にかけて予約しましょう。

海鮮市場 北のグルメ 海鮮食堂 北のグルメ亭 店舗詳細情報 印刷用ページ

f:id:gudepen:20180107173235j:plain 

f:id:gudepen:20180108133036j:plain

お迎え

時間を少し過ぎたころに、北のグルメの方がホテルのロビーに迎えに来てくれます。

このあたりのホテルを回っているのでどうしても時間がずれますので、

ホテル宿泊の場合はホテルのロビーで待っているのが良いでしょう。

 

予約の名前を確認後、シールを渡されますのでこれを見えるところに貼ります。

これが送迎車利用の合図になります。

また北のグルメで1,000円以上お買い上げの方には粗品進呈のクーポンがもらえます。

f:id:gudepen:20180108003808j:plain

 

北のグルメ亭へ

f:id:gudepen:20180108134114j:plain

ホテルをいくつか回り、バスを走らせること約20分。北のグルメに到着です。

バスはお店のど真ん前につけてくれます。

北のグルメ亭は北のグルメの中。案内もでてますからすぐにわかります。

 

メニュー

丼物は公式HPにもメニューがあります。

海鮮丼・いくら丼・うに丼:札幌市中央卸売場外市場 海鮮食堂 北のグルメ亭

単品のメニューは以下のとおり。

この他にも季節のお造りなど、日によって追加されるものもあります。

f:id:gudepen:20180108140945j:plain

 

提携ホテル用の、朝食券で注文できるセットがあります。

提携ホテルによって、お刺身の枚数やえびの種類など内容が少しずつ変わるそう。

これは三井ガーデンホテル札幌のもの。朝食券は税抜き1,500円分の金券としても使えます。

今回はまんぷくAのセットを注文しました。

f:id:gudepen:20180108141903j:plain

 

 

実食

f:id:gudepen:20180108220037j:plain

まんぷくAセット到着です、どーん。

海鮮丼は直径15cmほどですが、思ったよりも深さがあります。

まぐろ・サーモン・ホタテ・いか・甘エビ・かに・いくら。

カニ汁と松前漬けとのりくらげの小鉢がセットです。

松前漬けとのりくらげは北のグルメで購入できます。 

 

甘エビがとろけて、いくらはプチプチ。

感動したのはホタテ。ぎゅっと締まっていて、食感はシャキシャキ。

お箸でつまんでも垂れない!エッジが立っているどころの騒ぎではありません。

朝食にはちょうど良い量で、おいしくいただきました。

f:id:gudepen:20180108221519j:plain

f:id:gudepen:20180108222145j:plain

f:id:gudepen:20180108222353j:plain

 

北のグルメを散策

バスの時間まで15分ほど時間がありましたので、北のグルメ内を散策。

かにや大きなホッケの干物などが目玉。

試食も勧められます。

 

途中、観光バスが来たのか大勢の方でお店があふれかえりました。

通路も通れないほどにぎゅうぎゅう。

一時的に混み合う時間があるようです。

ちなみに市場の他のお店に行こうとすると、「そっちじゃないよ!」と戻るよう誘導されます。

 

いかの塩辛が美味しかったので購入しました。

甘めで水分少なめ、生臭さがなくて気に入りました。

1瓶250g入りで1,380円です。

帰宅後にふかしたジャガイモにかけていただきました。

濃厚さがあるのにくどくなく、あっさりしていて非常に美味しかったです。

 

※おかみさんシリーズは名前が変わって、おやじさんシリーズになりました。

 そのため現在はおやじさんのいかの塩辛になっています。

f:id:gudepen:20180108235038j:plain

 

ホテル・札幌駅へ

バスの時間が近づいて来ました。

降りたところの係りの方に声をかければ、バスへ案内してくれます。

その際に予約名と行き先の確認があります。

行きのバスで配られたシールが目印になるので、はがさないようにしましょう。

ホテルに戻るのか、札幌駅で降りるかです。

ホテルから札幌駅への変更はOKのようです。

 

バスに乗り込み、約20分ほどで札幌駅に到着です。

 

まとめ 

市場で朝食が食べられる良い機会でした。

 

海鮮丼は、さすがの本場は違うなと思う質の良さ。

札幌で市場に行って食事をした良い思い出になっています。

 

駅から離れているのですが、無料送迎があるので行きやすいです。

観光客がメインで、送迎や配送等もシステム化されています。

私のような一見さんでも楽しめました。

 

札幌の市場で食事をしたいと考えている方の参考になれば嬉しいです。

 

関連記事

gudepenlog.hatenablog.jp