ぐでぺんLIFE

歯列矯正、旅の思い出からお買い物のコツまで日常の備忘録

北海道小樽・札幌旅行 リピートしたい!小樽オススメスポット

2017年10月に北海道小樽・札幌に旅行に行って来ました。

 

小樽がとても気に入りました。

もっと居たかった、また来たいな、今度は長めに時間をとって…

なんて考えているうちに、行きたくなってしまいました。

 

特に行ってよかったと思っているオススメスポットを3つ紹介します。

 

 

ルタオ本館 3階展望室

f:id:gudepen:20171230223945j:plain

ドゥーブルフロマージュが有名なルタオ

小樽にある本店の2階にはティーサロンがあり、

生のドゥーブルフロマージュやショートケーキ、本店限定のアップルパイなどの

ケーキとお茶を楽しめます。

 

オススメは3階にある展望室。

入室は無料なので、気軽に小樽の景色を楽しむことができます。

f:id:gudepen:20171230225517j:plain

赤い矢印のところにガラスがありますね。

この部分が展望室になっています。約6階分の高さです。

 

 

f:id:gudepen:20171230224743j:plain

エレベーターの横に階段があり、そこを登っていきます。

エレベーターの表記上3階とありますが、展望室へ直通ではありません。

降りた後、3階分ほどを階段で登ります。

 

f:id:gudepen:20171230230754j:plain

おしゃれな雰囲気が漂います。

 

さっそく窓の外の景色を。

今日はあいにくの薄曇りですが、見たことにない景色はわくわくします。

f:id:gudepen:20171230231812j:plain

こちらは海側。

港に船が停泊中です。どこに行くのでしょうか。

 

 

f:id:gudepen:20171230230851j:plain

メルヘン交差点も上から見ると、また違った表情に。

 

展望室内にはこんなものも。

f:id:gudepen:20171230232546j:plain

 

f:id:gudepen:20171230233041j:plain

 

二人の鐘の物語

親愛なる小樽の塔

 

昔々、小樽の灯台

いつも大切な人の船出を見送る人がいました。

また会おうと言う意味を込めて

船まで聞こえるように燈台の鐘を鳴らしていました。

 

そうすると必ず

また2人は出会うことができたのです。

 

ルタオの塔でも、海に向かって大切な人を想いながら

思いの鐘を鳴らすと気持ちが伝わり、

願いが叶うと言われています。

              小樽洋菓子舗ルタオ 

 

 

ロマンチックです。そんなわけで、鐘を鳴らします。

神社の鈴のようにちょっと揺すれば鳴るかな…なんておもっていたのですが。

ちょっとやそっとじゃ鳴りません。

そして強めに揺らすと、カーンッッッ……………。

かなり大きい金属音が出ます。

耳がちょっと痛くなるくらい。ご注意ください。

 

小樽洋菓子舗 ルタオ本店

北海道小樽市堺町7−6

営業時間 9:00〜18:00 ※ティーサロンは17:30まで

     季節によって変動あり

公式サイト

オンラインショップ : チーズケーキの通販、お取り寄せならLeTAO | 小樽洋菓子舗ルタオ

3階展望室は入室無料。

 

 

 

小樽オルゴール堂 2号館 アンティークオルゴールコンサート

f:id:gudepen:20171231004427j:plain

手のひらに乗る小さな箱を開けると流れる美しい音楽。

オルゴールと言われて思い浮かぶのは、そんな風景。

ここにあるのはそれだけではありません。

どちらかというと、どう見ても家具…な珍しい品がそろっています。

 

そしてその品々を演奏するコンサートが1日に6回開かれます。

入場・観覧は無料。

 

10時、11時、12時、14時、15時、16時から各回約15分間。

時間と内容は以下の通り。

ふらりと入っても、とても楽しめる内容になっています。

※時間・内容が変更になる場合があります。

f:id:gudepen:20171231193117j:plain

 

パイプオルガン

f:id:gudepen:20171231155146j:plain

天井に届かんばかりの、100余年前に作られたエオリア・パイプオルガン。

こちらがここの目玉といっても過言ではありません。

 

なかなか聞くことのできない、パイプオルガンの優しい音色に癒されます。

演奏の曲目も多く、各回で違う曲が演奏されるので、何回聞いても飽きません。

観覧席があるので、観光で疲れた足を休めながら演奏を聴けますよ。

 

オーケストラオルゴール(シリンダー)

f:id:gudepen:20171231150833j:plain

こちらはオーケストラオルゴール(シリンダー)。

思い浮かべるものと仕組みは同じで、シリンダー(円柱)のもの。

ですが、遥かに大きいです。

機構は同じで、円柱に植えられたピンを本体の櫛歯がはじいて音を出します。

箱自体が響板の役割をしているので、スピーカーがなくても響きます。

 

1,850年頃、日本にペリーが来航したころに作られたオーケストラオルゴール。

シリンダータイプの繊細な音に加え、ベルの華やかな音が加わります。

 

 

ディスクオルゴール

f:id:gudepen:20171231144516j:plain

こちらはディスクオルゴール

高さ2m弱といったところ。

金属製のディスクにピン植えられていて、これを本体の櫛歯で弾くことで音が出ます

背面の板が響板の役割をしています。

ディスクを交換すれば、簡単に曲目の変更ができるのが特徴。

力強く迫力ある音色が広がります。

 

1910年に作られたポリフォン社のstyle No.6 アップライト。

ディスクを縦に入れるタイプのもの。

ケースがアール・デコ調で優美な華やかさがあります。

 

コインを入れると演奏が始まる仕組みになっていて、

昔はバーやレストランなど人が集まる所に置かれていました。

 

小樽オルゴール堂 2号館 アンティークミュージアム

北海道小樽市堺町6−13

営業時間 9:00〜18:00

コンサートは10時、11時、12時、14時、15時、16時から約15分開催。

入場・観覧無料。

 

公式サイト

小樽オルゴール堂 2号館

※近くに小樽オルゴール堂本館がありますが、そちらとは別の建物です。

 

 

 

北一硝子三号館 北一ホール ピアノ演奏

f:id:gudepen:20180101022705j:plain

シャンデリアや壁一面に広がる、石油ランプの暖かな光に包まれる幻想的な光景。

まるで別世界に来たような、非日常の空間。

そんなロマンチックなカフェ、北一ホール。

元々は漁業用の倉庫で、天井が高く開放的で気持ちがいいです。

 

f:id:gudepen:20180101135308j:plain

各テーブルに置かれた石油ランプの灯りを見つめているだけで、心が落ち着きます。

石油特有のにおいが、雰囲気を一層引き立たせます。

 

 

f:id:gudepen:20180101150611j:plain

オススメは平日午後に開かれるピアノ演奏会。

生の演奏を聴きながら、揺らめくランプの灯りを見つめながら、

優雅な非日常の空間で過ごすティータイムは格別です。

 

f:id:gudepen:20180101145758j:plain

 開催日は毎週月〜金曜日(祝祭日を除く)、

14時、15時、16時から各回約30分。

開催があるときは外の掲示板に出ますので是非。

 

メニューはこちら。

f:id:gudepen:20180101152241p:plain

お値段は一般のチェーン店並みで、気軽に楽しめますよ。

これ以外にも食事メニューがあります。

※びっくりシュークリームは販売休止中。

 

北一硝子三号館 北一ホール

北海道小樽市堺町7−26

営業時間 8:45〜18:00 

     ※食事メニューは15:00オーダーストップ

     ※※喫茶メニューは17:30オーダーストップ。

公式サイト 

北一硝子

 

 

さいごに

小樽はコンパクトな街なので、歩き回るのも苦になりません。

札幌から30分ほどで着くので、移動も楽チン。

書いていて、また行きたくなってきました。

旅行の予定を立てるときに、参考にしていただければ嬉しいです。

 

☆小樽で泊まったホテルはこちら☆

gudepenlog.hatenablog.jp