ぐでぺんLIFE

歯列矯正、旅の思い出からお買い物のコツまで日常の備忘録

大人の歯列矯正体験記⑤ インプラントアンカー手術だぞ

 f:id:gudepen:20171015144016j:plain

 

とうとう始まりました、歯列矯正

並行してインプラントのアンカープレートを付けます。

1泊2日の入院は大変でした。

 

※この記事大人の歯列矯正体験記④ 装置をつけるまでが大変だぞ からの続きです。

 

事前診察(11月)

矯正歯科ではできない大がかりな手術のため、

連携している大きな病院へ。

口腔外科で行いました。

 

レントゲン写真撮影

ここでもレントゲン写真を撮りました。

ここ半年で3回もレントゲン写真を撮っています。

データにして、使い回ししてほしいです。

手術に関する説明

事前の診察と手術概要の説明を受けます。

とても柔らかい雰囲気の先生でした。

具体的にどういった手術をするのか。

 

歯茎を切開して顎の骨に器具を取り付け、

器具の一部が出るように縫合します。

 

2週に1人のペースで手術をしていること、

今日も午後から同じ手術をすること、

今までの患者さんはみんな成功していることなど、

私が不安だと思っている部分について

隠さず話してくれます。

 

自分が受ける手術について、

知識のないままでいると不安になりがち。

自分で納得がいくまで質問をするのは重要ですね。

 

費用 約30万円

この手術ですが自費診療のため健康保険証が使えません。

矯正歯科での見積もりは約30万円

ここでも同じ額の見積もりです。

 

受付の段階で院内一律の健康保険証の確認があるので持って行きました。

 

支払 約20,000円

 

矯正歯科で調整

並行して歯列矯正を進めて行きます。 

インプラントを入れる手術の日程の確認もありました。

各5,250円

 

手術当日(12月末)

世間はクリスマス間近。

金・土に私は1泊2日の入院手術です。

 

朝食はしっかり 朝食後から絶食です 

最後の晩餐ではないけれども、

朝食に用意した美味しいパン2個を食べて出発。

今日は頑張るぞと気合を入れ覚悟を決めます。

以降手術が終わるまで絶食です。(お茶と水はOK)

 

化粧は厳禁 保湿クリームも色のないものを

午前10時までに受付してくださいとのこと。

少し早めの9時半頃に受付へ。

すっぴんでと指示がありました。

 

事前診察(当日)

事前診察で昨日はよく眠れたか、

普段と変わりないかなどの問診と、

これから受ける手術についての概要を聞きます。

 

その後病室へ

入院手続き・同意書などに記入

入院に関する書類と同意書などに記入します。

ここで体温・脈拍・血圧を測ります。

 

看護師さんの仕事ぶりに感心していました。

とても優しいのにテキパキと進めていく様子を見て、

安心したのを覚えています。

 

絶飲食が始まります

11時から水分も禁止です。

ここからは絶飲食。

何も口にはできません。

手術中の嘔吐を防ぐためです。

 

身の回りの準備 手術後に快適にすごせるように

手術は1時から。

身の回りの準備をしながら、手術着に着替えて呼ばれるのを待ちます。

後々快適に過ごせるように準備するのは本当に大事です。

抜歯の際に身を持って感じました。

 

手術着に着替え 中は使い捨ての下着のみ ブラジャーも外す

下着も使い捨てのものを渡されますので、それを着用しました。

脱毛なんかで渡されるのと同じものです。

ブラジャーも外してくださいとのこと。

 

着替え後は呼ばれるまで待ちます。

この時間がとてもヒマでした。

スマートフォンタブレットは必ず充電器を持っていきましょう。

 

看護婦さんに呼ばれて手術室へ向かいます

一緒に向かうエレベーターの中で、

「1時間で手術は終わる予定です

心配ないよ、安心してリラックスしてね。」

 

リラックスなんぞできるかああぁぁあ!

こちとら緊張で心臓バクバクなんじゃ、

何だったら今から逃げ出したいぐらいなんじゃ!

お金がかかる手前、もう後にはもどれんのじゃあぁぁ

 

そんなことを思いました。

 

手術室へ入ります

生年月日、名前の確認をして中に入ります。

看護師さんの「終わる頃に迎えに来ますね。」

 その言葉を最後に、扉は閉まりました。

 

待ってええぇぇえぇ、私をおいてかないでええぇぇえぇ。

 

…ムダですね。

自分で受けると決めた手術なので。

意を決するしかありません。

 

先生と看護師さんに挨拶をして

名前と生年月日の確認後、

手術の概要と麻酔について 説明を受けます。

 

身体に血圧計や心電図を取り付けられます。

腕に点滴をとりました。

もうこの時点でまな板の上の鯉状態。

 

歯茎に麻酔を打った後効いているかの確認があり、

点滴での全身麻酔が効いたらスタートです。

手術中に身体がビクッとして動くと危ないので、

局所麻酔と全身麻酔を併用します。

 

うつらうつら眠くなってきました。

ああ、もしかしたらこれが私の最期なのかな

と思った瞬間に意識が飛びました。

 

手術後

「終わりましたよ」と起こされました。

まだかなり眠気が残っている状態。

病棟(の看護師さん)を呼んでくれました。

 

聞けば予定の1時間を過ぎても出てこず。

しばらく待っていたが終わる気配が無いため、

終わったら連絡してもらうことなったよう。

 

病室へ向かいます フラフラで立っていられません

この時点でフラフラ。

まだ麻酔が残っていたようで上手く立てません。

看護師さんに支えてもらい、車椅子に乗せられました。

 

看護師さんマジ天使ぃいぃぃぃ

 

そんなことを思いました。

段差前の声掛けが優しくて、安心したのか涙が出てきました。

 

病室へ帰りました 初めて水分を摂る前にナースコール

「ゆっくりしててくださいね。寝てても大丈夫です。

起きたら水分摂る前にナースコールしてくださいね。」

 

麻酔で口の周りパンパンです。

動かしにくいです、喋れません。

口が閉じません。

この状態で、一人で水を飲んだ時にむせてしまうと大変です。

飲む前に看護師さんを呼んでくださいとのこと。

 

眠気が残っていたこともあり、ぐっすり寝ました。

目が覚めたのは7時ごろ。

 

喉が渇いたので、お茶を飲む前に看護師さんを呼ぶと、

夕食を持ってきてくれました。

夕食は6時半からでしたが、後にしてくれたようです。

 

5分がゆとうめびしお、みそ汁、焼き魚におひたし、ゼリー。

あまり噛まなくても食べられるメニューでした。

 

歯磨きは軽く ゆすぎは口に水を含んでそのまま出す

まだ口が上手く閉じませんので大変でした。

軽く歯磨きをします。

うがいは水を口に含んでそのまま出す感じで。

親知らず抜歯の時と同じです。

 

最後にイソジンでうがい。雑菌の繁殖防止ですね。

 

その後は自由時間です。

やることがないので、早いですが寝ました。

 

翌朝

7時に起床、着替えて7時半に朝食です。

おかゆとたいみそ、卵焼きサラダとフルーツ。

こちらも食べやすい大きさに切ってあります。

麻酔の感覚は抜けていますが、口が動かしにくいです。

あまり噛まないでも食べられるのはありがたい。

 

まだ化粧は厳禁です。

検温の後、歯磨きなどの身仕度をします。

この後の診察で顔色等を見るため化粧はしません。

 

荷物の片付けなど退院の準備をしておきます。

術後診察

術後の経過を見ます。

口の周りが動かしにくいので、ジェスチャーも交えての問診です。

経過は良好。

洗浄する器具が処方されるため、使い方のレクチャーがあります。

 

退院手続き

その後病室に戻り退院手続き。

看護師さんにお礼を言って会計へ。

支払いと処方箋の受け取りをして

退院します。

 

会計

支払いは約28万円。

事前診察の約2万円と合わせて約30万円。

 

冬ボーナスよ、さようなら。

 

退院後

出来るだけ家で安静にしていました。

 

月曜日から出勤しましたが、

口の周りの筋肉が動かしにくく、

喋りづらいため、電話仕事は外しました。

 

見た目が腫れていましたので、

マスクをつけていました。

1週間ぐらいは話しづらかったです。

 

矯正歯科へ

f:id:gudepen:20171015141022j:plain

インプラントアンカーが付いています。

上顎は少しわかりにくいですが、

下顎ははっきりとわかります。

 

この後、歯列矯正治療で

アンカーを支柱にして、歯を奥に引っ張っていきます。

さっそく開始です。

 

こちらへ続きます

 

gudepenlog.hatenablog.jp

 

 関連記事

gudepenlog.hatenablog.jp

 

 

gudepenlog.hatenablog.jp